お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

その後の現場はどうなった?~マイナンバー編

森本毅郎 スタンバイ!

森本毅郎・スタンバイ!ロゴ

 

今週の現場にアタックは特別企画『その後の現場はどうなった?』。今朝は、今年1月1日に、行政サービスが始まった「マイナンバー制度」のどうなった。あれから1年ほど経っていますが、マインナンバーってどうなったんでしょう?そこで・・・。「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまる「現場にアタック」今週は特別企画!!今日12月14日(水)は、レポーター近堂かおりが『マイナンバー、どうなった?』をテーマに取材しました!

現場にアタック(近堂かおり)

現場にアタックレポーターの近堂かおり

今日のどうなったは、マイナンバー。ぐっと身近に引き寄せてどうなったか、を調べてまいりました。『あなたのマインナンバーカード、いまどこにあるか分かりますか?』

★わかりません・・・。

70代男性
「わかんない俺見てない、必要ないと思っていらねと思ってるから。今のところは用なし。」
30代女性
「知らないです。どこにあるのか・・・わからない。家にはあります。」
50代男性
「わからない、たぶん家にあるでしょ。会社で提出してくれって書いて出したと思うよ、俺が書くんじゃないけど。家内が書いたから。」
70代男性
「たぶん家にありますよ。女房が管理してるから、大体そんなもんだよね。どういうことに使うかがよくわからないし、どこまで世の中に浸透しているのかまだあまり伝わってこない。」

定かではない・・・管理は奥様任せの男性が多かったです。ご夫婦で連れ立っていた方は、すぐに奥様の顔を、キョロキョロ見ていました。必要ないから分からなくても大丈夫!と腹を括っている人もいましたが・・・さすがに心配になってしまいます。でも実は、きのう聞いた中では、わかっていない人は少数派で、全体の2割でした。残りの8割の声はこちら。

★ちゃんとわかります!

50代女性
「棚のところにおいてます。個人情報が漏れたりとか、意味があるかなって、まだ疑っているところがあるんで、ほったらかしにしています。」
40代女性
「戸棚の奥底にしまってますけど、ふるさと納税の時に使いました。添付を求められたんで、部屋で山積みになっているところが何箇所かあってそこをかなり探しましたから。」
20代男性
「一応自宅の自分の机に入ってます。まだ学生なんですけど、アルバイト先にも提出しなくてはいけなかったので、番号だけ。」
60代女性
「鏡台のところに立てかけてある。すぐ目のつくところに。飾ったきり。番号だけわかってればいいんでしょう。番号は、携帯に暗号で入れてある。大事なことは、メモってとこに入れてある。」

暗号化しているとは!!スパイみたいです!!(笑)。でも大事な番号だから、いいことですよね。場所がわかっている人は、引き出しとかたんすとか、場所を明確に言えました。これは、マインナンバーの提示を求められた時に、前に一生懸命探したから、という人が多かったです。しかし、ほとんど使わないから、大切なものをまとめている場所に入れたきりだから、そこにまだ入っているはず、ということで分かっている人もいました。

★持ち歩いてますから!!

そうした中、こんな人たちもいました。

60代女性
「切り取って持ってるよ、貴重品のところに持って歩いている、(具体的に使った?)ないですないです。会社もいつまで届けろってことが全然なくて、もうすぐねボーナスとか色々どうすればいいんです。必要なかったと思いますよ。」
70代女性
「私は保険証の裏に入れてある、持ち歩いている。何で必要かわからないけど、保険証は必要になる時が多いじゃない、その裏に入れておけば、直ぐ出せるから。全然必要ないけれど。」

ちょっと驚きましたが・・・どこかにしまうと分からなくなるので、番号通知票を切りとって持ち運んでいました。プラスチックのカードではなく、ぺらぺらの紙のままなので、持ち歩いているうちにボロボロにならないか心配ですが・・・。
一方で、ちゃんとカードにして、持ち歩いている人もいました。

★マイナンバーカードを持ち歩いてます!!

70代女性
「私はカードもらっちゃった。身分証明の代わりにもなるし。今までは基本台帳カード。それであちこち70歳以上の人は無料になりますとかの入場券とか。そういうのは見せたことあるけど。それを交換して、マイナンバーカードが今、身分証明書。運転免許証ないから。暗証番号こうだからって。ちゃんと1人だけ息子に教えてあって、何かあったときいつでも息子が出来るようにはしてます。」

マイナンバーカードを身分証明のために、使っているお母さんのお話でした。マイナンバーに関して、お母さんは完璧です!
何かあったときには、このカードが自分の情報を引き継ぐものと、肌身離さず持っていました。ただ、きのう聞いた中では、カードを作った人は、圧倒的に少なかったです。個人情報が詰まっているものなので、カードを使って情報が漏れるのも怖いし、持ち歩くことで落とすのも怖いということでした。
そうした、マイナンバーを慎重に取り扱う人もいます。

★マイナンバー、取り扱い要警戒!!

50代男性
「おうちにあります。会社でお給料の関係の仕事をしているので、マイナンバーを扱うんですね、特定個人情報ということで、ルールとかちゃんと決めないといけないんで、会社にとっては仕事が増えますから、会社にとっては非常に面倒です。」
60代女性
「ちゃんと引き出しの中に入っている。仕事で1回出したことがあるコピーを。派遣の会社なのに、マイナンバーよこせって言われると、つい顔が疑いの顔になるでしょ。すぐ返しますからって言われて、ちゃんと返してもらって確認した。警戒だけはしています。なぜならば、中身がよくわかっていないから(笑)」

会社でマインナンバーを扱う部署の人は、その大事さをわかっているので、細かいルール作りなど、慎重にならざるを得ません。また、会社に出す側の人も、警戒心をもって、大事に取り扱っていました。
いずれにせよ、大事な情報が詰まっているものですから、どこにあるかは、しっかり確認しておきたいですね!


TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」は月~金6:30-8:30放送中。
AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「 radiko 」でも
お聞きいただけます!