お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2016年が天気の歴史に残る年!と言われる理由【雪と台風】

ジェーン・スー 生活は踊る

水不足、相次ぐ台風、11月の雪…気象でも色々ありました。そんな2016年の天気から、生活の知恵を学んで来シーズンに備えましょう。

今年の天気キーワードの一つが「雪」。まずは、記憶に新しい11月の東京の積雪。都心で11月に積もったのは観測史上初。さらに、今年はじめの1月には奄美大島の名瀬で115年ぶりの雪に。沖縄の久米島や本島の名護市では、みぞれ。沖縄本島で観測(観測器の自動観測)されたのも初めて。覚えてましたか??

天気では「今までなかったから、起こらないだろう」は通じない。過去にしばられ過ぎてはいけない。

続いてのキーワードは「台風」。今年はなかなか台風1号が発生しないと思いきや、後からどっと来ました。みなさん、結局台風がいくつ上陸したか、覚えていますか?

クイズに悩む2人

クイズに悩む2人

正解は・・・6個
これ、北海道に1週間で3つ上陸したり東北地方の太平洋側にも上陸して、ともに統計史上初! これも歴史的でした。

台風がなかなか発生しない年は、「夏の旅行は計画的に!!」
台風の発生が遅いと、後でどっと帳尻合わせで台風がやってくる。だから夏前に旅行の予定を立てる際、台風が生まれてないから安心、ではなく、夏から一気に来るかも、と考えたほうが良いでしょう。台風が直撃すると何もできないような所は避けるとか、スケジュールに余裕を持たせておくなど…

上陸」とは、台風の中心が北海道・本州・四国・九州の海岸に達した場合のこと。
また、台風・ハリケーン・サイクロンは同じもの。熱帯の空気でできた低気圧。発生する場所によって呼び方が変わります!

以上をふまえて、2017年の天気はどうなるのか?

まず、「台風の上陸が多かった年の翌年は?」→夏が猛暑になる傾向があります!!しかし根拠は…ありません!たまたまです。ただし、来年のことで、ちゃんと分かることもあります。

それは…「2017年 西日本は花粉に要注意!!」

春のスギやヒノキの花粉は、前年の夏の日照時間が多く、暑いほど多くなりますが、今年の夏は西日本でよく晴れて猛暑でした。来年の春は関西より西に行くなら、関東でそれほど症状がひどくなくても、花粉対策をして行った方が良さそう。花粉症がひどい人は、春の花粉のピークを避けるのも一つの手かも。
生活は踊る20161215