お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

文章の持つ力…!【お勢登場】(後編)

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

 

今週も先週に引き続き、ゲストにタレントで作家のつぶやきシローさんをお迎えして、
江戸川乱歩の『お勢登場(後編)』をお届けしました。

 

ゾワゾワする展開、ラストまで冷やっとするようなある種のシュールさ、
江戸川乱歩ワールド炸裂の作品でしたね!
お勢の心理描写から、格太郎の死に様まで。
なんと人間とは(女性とは…!)恐ろしいものなのでしょうか。

 脚本を担当された北阪さんによると、格太郎の亡骸を表現した描写など、
所々は原作の文章を敢えてそのまま引用したとのこと。
江戸川乱歩の世界観をリアルに感じられるように、脚本を作成するときも意識されたそうです。

 なるほど、妙に生々しい表現にゾクッとしたのはそのせいかと改めて納得したと同時に、
作者の文章術すらも恐怖の対象なのではないかと思いました。

20170115bunngaku

 

ゲストのつぶやきさんは“呟き”だけでなく、実は饒舌でユーモアたっぷりの素敵な方!
トークからも感じていただけたのではないでしょうか。
休憩中も、好きなドラマや映画のお話で朋子さんと大盛り上がり!

お気に入りのシーンは細かいところまでよく記憶されていて、
「そのシーン全員をつぶやきさん1人で出来るのではないか」と言われるほど、
お芝居をよく観察されているようです。

 トーク中、作品についての感想を聞かれ、
「子どもも…もうちょっと探せよ〜」との発言にはスタジオも大爆笑!

作品とは打って変わって、和やかな空気に包まれる素敵な収録時間でした。

 

この作品の原作の最後には、作者から読者へ宛てた短い追記があります。
惨たらしい表現に対するお詫びに似た言葉と、お勢のその後を暗示させるような内容が書かれているのですが…。
ラジオドラマを耳で聴いた後に、改めて小説を手にとって目で楽しんでみるのも面白いかもしれません♪

20170115bunngaku

 

 by 永瀬千裕

 〜ゲスト・つぶやきシローさんオススメの本、執筆された本〜

☆「のはなし」/伊集院光

☆「私はいったい、何と闘っているのか」/つぶやきシロー

 

ピックアップ