お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

結び三つ葉の作り方

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

料理に、香りと色どりを添えてくれる野菜「三つ葉」
私たちの食卓にのぼる三つ葉は、三種類あります。

●【切りミツバ】 
茎がやや太く、根元を切った状態で出荷されています。
年末から年始にかけて、主に関東を中心に出回っているのがこの切りミツバです。

●【糸ミツバ】
一年中お店で見かけます。
ハウスで水耕栽培されているもので、根がついたスポンジごと出荷されます。

このふたつは、どんぶりものや、お吸い物に、生のまま、パラパラっと散らすのに向いています。もし茹でるとしても、香りが飛んでしまわないように、熱湯にくぐらせる程度にしておくのがいいようです。

●「根ミツバ」
春から夏にかけて出荷されます。
ごぼうの先のような根が付いていて、ほかのふたつに比べて、香りが強く、歯応えもしっかりあります。
向いている料理は、お浸しや和え物、卵とじなど。
それから、根っこの部分は、キンピラにするとおいしいそうです。

もう十日もすればお正月がやってきますが、お正月にいただくお雑煮にも、三つ葉が使われます。このとき使われるのは、くるりと結んだ「結び三つ葉」。「縁を結ぶ」という意味があり、お祝いの料理によく添えられています。

三つ葉を、熱湯にサッとくぐらせ、冷水に取り、二、三本を一緒にして「くるっ」と輪っかを作るようにして結びます。
これで「結び三つ葉」の完成です。

ちょっと手間はかかりますが、見た目もきれいで、縁起もいい!
「仕事やプライベートで良いご縁に恵まれますように」
そんな願いをこめて、みなさんも「結び三つ葉」を作ってみてはいかがでしょうか。


TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。