お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

厳かなクリスマスを、御茶ノ水のニコライ堂で味わう。〜東京建物探訪〜

ジェーン・スー 生活は踊る

堀井美香アナが東京の名建築を訪れ、紹介していくシリーズ5回目。今回紹介したのはJR御茶ノ水駅・聖橋口から徒歩1分の「ニコライ堂」。

  • 正式名称「東京復活大聖堂」。「日本ハリストス正教会」と呼ばれるキリスト教系の教会。建てたロシア人の修道司祭ニコライ・カサートキンの名を取って「ニコライ堂」と呼ばれる。
  • 明治24年完成。大正12年の関東大震災でドームが崩壊、昭和4年に今の形のドームが建て直される。
  • 設計は、建物探訪でも訪れた「旧岩崎邸」を始め、「旧古河庭園」や「鹿鳴館」などを手がけた名建築家ジョサイア・コンド。
  • ロシア正教会の伝統を継承しているため、普通のキリスト教の教会とは異なる点がある。
    →建築様式はビザンチン式。壁が厚く窓が小さい。
    →立って礼拝するため長椅子がない。
    →「八端十字」と言われる十字架がある。普通の十字架に、横棒が2本加わった独特の形。
    →普通は十字架や彫刻に祈りを捧げるが、ここでは絵をイコンとしているため、絵が多く飾ってある。この絵に向かって祈りを捧げる。
    →賛美歌は楽器を使わずアカペラのみで歌われる。
  • クリスマスイブの24日夕方6時から「徹夜祷」というお祈りがあり、賛美歌が生で聴ける。信徒以外の人も入場可能ということなので、クリスマスのお出かけにいかがでしょうか?

IMG_1622

ニコライ堂
見学の際はマナーを守りましょう。