お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「文化系大忘年会2016」Part6(外伝1)【音声配信】TBSラジオ「文化系トークラジオLife」

文化系トークラジオ Life ニュース版
常見陽平&宮崎智之 撮影:ササキミチヨ

常見陽平&宮崎智之 撮影:ササキミチヨ

「文化系大忘年会2016」part6(29’38″)

◯文学のポスト・トゥルース
・ポストトゥルース的な石原慎太郎の『天才』が売れる(倉本)
 →小学生が内容を信じる(倉本)
・「私」を作る近代小説の試み(海猫沢)
 →小説の中の「私」は必ずしも筆者のことではない(海猫沢)
 →読者の側の読み方の一つとしてはある(海猫沢)
 →日本語には基本的には私という人称がなかった(倉本)
・ファクトとトゥルースの違い(charlie)
 →真実はいつも1つ、というが事実は1つで真実はいっぱいじゃないか(塚越)
 →何が真実かわからない、のポストモダン(charlie)
 →俺が信じたものが偉い、のポストトゥルース(charlie)

◯本物とは、人間とは何か
・実は新しくないAIものと映画『エクス・マキナ』(海猫沢)
 →作られた人工知能と会話して人格を確かめる(塚越)
 →人工知能の問題を考えるために人工知能が必要(塚越)
 →アルゴリズム独裁のような無意識の差別が反映される事象 (塚越)
 →どこまでが人間なのか判断できなくなる(塚越)
・何が本物で何がVRなのか分からなくなるVRの心理実験(宮崎)
・人工知能は作れても身体系はさっぱり(柳瀬)
 →脳が主人公だと思っているのは人間の勘違い(柳瀬)
 →身体もコミュニティを望んでいる(柳瀬)
 →脳は物語性を重視して現実を処理する(柳瀬)
 →AIが身体含めた人間のサーヴァントとしてどうなるか(柳瀬)
 →概念は体にインストールされない(charlie)
 →フィクションを信じるための理屈を作ってきた(charlie)
 →人間の身体性を外し理念だけで作られたものへの反発(charlie)
・因果関係で考える人間、相関関係で考えるコンピューター(塚越)
 →物語として教えてくれることで僕たちの行動を操る(塚越)
 →主体的に関わろうという人は必要(塚越)

◯AIの可能性
・なぜギリシャ貴族と奴隷のようにはならないのか(柳瀬)
 →有用の経済学の破綻
 →何の役にも立たないものに色々なものを費やしている(charlie)
 →指向性で考える必要(charlie)
 →AI に消費は出来ない(柳瀬)
 →人間は生きたいと同時に死にたいと願う並列性を持つ(塚越)
・『大きな鳥にさらわれないよう』のAI(倉本)
 →本来なら必要ないはずの比喩を使う人間(倉本)
 →現状は文章生成しかできないAI による小説(宮崎)
 →人間にできない飛躍がもしできるのなら純文学向き(宮崎)
 →人工知能が最初に作る物語は神話(charlie)
 →パターンがあるものを作れないわけはない(charlie)
 →神話素をコンピューターが知りつつある(塚越)

             text by Life助手:千葉彩佳

◯Life関連アーカイブ

・2016/10/23「2.5次元を生きる~VR・ポケモン・コンビニ人間」
http://www.tbsradio.jp/life/2016102325vr/index.html

・2014/10/26「フィジカルの逆襲」
http://www.tbsradio.jp/life/20141026/index.html

参考資料↓
天才「私」をつくる――近代小説の試み (岩波新書)文学の読み方 (星海社新書)ウェブ社会の思想―“遍在する私”をどう生きるか (NHKブックス)エクス・マキナ (字幕版)脳がわかれば心がわかるか (homo Viator)NEXT WORLD―未来を生きるためのハンドブック人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)大きな鳥にさらわれないよう呪われた部分 有用性の限界 (ちくま学芸文庫)生のものと火を通したもの (神話論理 1)