お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

十日戎・福男

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

兵庫県西宮市にある西宮神社の「表大門」が開かれると足に自信のある参拝者たちが、本殿へ向かって、一斉に走り出します。「一番福」を目指す「走り参り」をするためです。おなじみとなった、このお正月の風物詩は、西宮神社の「十日戎大祭」の「開門神事•福男選び」です。こちらは江戸時代から〝自然発生的に始まった〟とか。また「十日戎」は関西では「えべっさん」として有名。七福神の恵比寿様をまつり、商売繁盛を祈願する祭礼です。

福男の「走り参り」は、転んじゃう人もいるぐらいの勢いで走りますよね。「福男選び」のルールですが、西宮神社によると、スタート地点の「赤門」と呼ばれる正門から本殿までの距離、230メートルを駆け抜けます。最初の50mほどは直線ですが、そのあとに「天秤カーブ」と呼ばれる、曲がり角があり、そこからは、屋台や出店が両脇に並ぶ100mの直線。直線の先を左に曲がると、そこには大きなクスノキ。参道に生えているので、上手くよけながら駆け抜けます。ゴールとなる本殿は、さらに直角に曲がらなければなりません。

本殿にいち早くたどり着いた人は、待ち構えている神主さんに抱きつくことで、はじめて「福男」になることができるそうです。現在は、上位3人が一番福から三番福とされ、記念品や特別な「はっぴ」がもらえるそうです。ちなみに、参加者は先着1500名が「場所割」の抽選を受けられ、門の一番近くからスタートできる「先頭Aブロック」が108名、そのうしろの「Bブロック」が150名となっているそうです。福男だけあって、走り始める前から「運」も必要なんですね。


TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。