お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2017年の初日の出、関東地方はバッチリ見える!?

ジェーン・スー 生活は踊る

「初詣の天気は?」「北国に帰省するけど雪は?」など年末年始こそ気になる天気のお悩み。ウェザーマップの気象予報士・増田雅昭さんにお答え頂きました!

Q:「今年の冬の北陸地方は豪雪になる?雪かきをする機会が多いのは辛い。」
A:この年末年始、北陸地方は雪が少ないので、雪かきのことを考えず、
ゆっくりお正月を過ごしていただけると思います。
関東から雪国に帰省する方もいらっしゃると思いますが、雪道の区間が少なく、
いつもより運転は楽なはず。もちろん、急に積雪路面に遭遇することもあるので、雪への備えはしておいてくださいね。
1月の上旬までは、豪雪をもたらすような寒波は来ませんが、1月なかば〜2月は寒波が来て、期間が短くてもドカっと降る可能性は有るので、要注意。
また、気温のアップダウンの激しい状態が、この先も続きそうです。

そういえば、今週27日火曜の気温差がスゴかったですよね、
(午前10時頃の赤坂の気温17℃ちょっと→1時間後 8.9℃に!)
実は2004年12月5日に同じようなことが・・・東京で8℃から21℃に急変。
冬はちょうど東京あたりが北風・南風の境目になることが多く、気温の急変はときどき起こります。
この大みそか~三が日は、今の時期にしては暖かく、東京だと日中は13~14℃前後。
初詣など、ぎゅうぎゅうの大混みの所では、着込みすぎると汗をかいてしまうかも。
でも、朝と夜は冷え込みが強まるので、服装でうまく調整してくださいね。

Q:「毎年年末に、北海道千歳市に帰省しているが、爆弾低気圧がきて飛行機の欠航が恒例に。今年はどうなる?あと、スキー場の情報も教えて!」
A:爆弾低気圧とは、急速に発達して、広範囲に大荒れの天気をもたらす低気圧です。
個人的にはあまり使わない言葉ですが、2012年に流行語大賞のトップ10に入りました。
この年末年始は、爆弾低気圧と言われるような嵐をもたらす低気圧は来ません。
29日夜〜30日朝は、北海道や東北で風が強まって、日本海側は雪が強まるが、それ以外の日は大丈夫!
この年末年始は、全国的に飛行機とか交通の大きな乱れはないはずです。

スキー場は…29日夜〜30日朝に雪が降るが、それ以外の日は、年末年始はあまり降らない。本州のスキー場だと、例年より物足りない感じになりそう…。1月なかば以降に寒波が来て、積雪が増えるはずなので、楽しみに待ちましょう。

Q:「初日の出の定義は?雲で隠れていても、“初日の出”っていうの?」
A:天気予報では、明確な決まりはありません。その人がどう感じるか次第ですね。
2017年の元日は、日本海側は曇りやすいですが、関東など太平洋側は晴れる所が多いですよ。関東は、空の下のほうに雲が出るかもしれないので、太陽が出るまでに、少し時間がかかるかも。
気温調整をしっかりして、快適なお正月をお過ごしください!

たくさんの相談メールを送って頂きまして、ありがとうございました!
引き続き、番組ではお天気にまつわる疑問・質問を受け付けています。気になることがあったら、ぜひメールしてください!
生活は踊る20161229