お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

新年を迎える前に抑えておきたい!2017年開運のポイント!

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月~金曜日の5時45分頃からは、日替わりでお送りする「情報アラカルト うるおい生活講座」。今朝は、中国命理学研究科の林秀靜さんに、「2017年の開運ポイント」についてお話を伺いました。

2017年はどんな年?

干支暦では丁酉(ひのと・とり)年。丁には「壮年の男子」といった意味があり、「ロウソクの炎」を。また、 酉には「ちぢむ」という意味があり、草木の果実が成熟して滋味を生じた様子を表しているそうです。これらから判断して2017年は、「世相的には、隠されていた社会的な問題、構造上の欠陥、人の不正、隠し事などが明らかになり、人の感情があちこちで炎上。その結果、要らないものを除いたり、無駄を省いたりする合理性の風潮が強くなる」と、林秀靜さん。 悪事の露見と炎上、そういったものへの対処などなど、来年も騒がしい出来事が多くなりそうですね・・・。 景気に関しては、「良い年で、好景気を享受でき、世界経済も好調。人々の心も活気に満ちて、向上心がでてくる。」とこのこでした。 しかし、「世界中で紛争や衝突、戦争が起こる可能性が高い。」という予想もされていました。 運の吉凶が極端に出やすい年で、物事が順調に運び、収穫を期待できる人と、それまでやっていたことが明るみになり、非難される人に分かれるそうです。あなたは、どちらでしょうか?でも、安心してください。 運が悪いと感じた人は、肝臓の「気」を補う食品(レバー、しじみ、ほうれんそう、枝豆)または、木の「気」を補う酸味のある果物(オレンジ、レモン、イチゴ)を摂ると運気アップするそうです!是非、実践してみてください。

2017 年の開運ポイント!

風水的には、2017年は「南」の方角に凶星の「五黄(ごおう)」が巡るので要注意!南にベランダ部分が向いている建物では、厄介なことが起きたり、思いがけない怪我をしたりしやすいそうです。気をつけてくださいね。 また、家の中心から見て「南」に玄関がある場合は、玄関に金属の風鈴を吊るすか、背の高い観葉植物を置くと、難を逃れられるのだそうです。また、 「南」の方角で寝ている人は、寝る場所を変えた方が無難とのこと。

一方、2017年は「東」が最大吉方位。「東」の窓や玄関を頻繁開けるようにして、 「東」に赤い布やモノを置くと、大きな幸運を手に出来るそうです。更に、 「西」は風水上良くないので「西」に玄関やベランダがある家は注意が必要! 外に向けて凸面鏡(=八卦鏡)を掛けると、凶意を転化させられると言われているので、是非、西に玄関やベランダがある方は取り入れてみては?また、 室内に葉の元気な観葉植物など、美しい草花を飾り、インテリアにはグリーン系を使用し、木、竹、籐、綿、麻 などの素材を取り入れると、穏やかな暮らしができるそうです。2017年、良い年にしたいですね。是非、参考になさってください。

開運風水について詳しくは、三笠書房から販売中の 林 秀靜さんの本 『1日5分で運がよくなるおそうじ風水』をご覧下さい。