お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

縁起のいいお菓子

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

お正月休みが明け、今日は挨拶まわりをされるという方もいらっしゃるかもしれません。
ご挨拶として持っていくのは、美味しいお菓子でしょうか。
美味しいだけでなく、おめでたいお菓子もいいかもしれませんね。

新年のお菓子といえば、まず「花びらもち」が有名です。
白い餅か求肥に、牛蒡や白みそをはさんだもので、起源は、平安時代の新年行事にあると言われています。
この行事では、お餅の上に、イノシシの肉や鮎の塩漬け、瓜といったものを乗せていたそうです。
年月が経つにつれて、それがだんだんと簡略されるようになり、いまの「花びら餅」の形になったそうです。

そして、もうひとつ、お正月ならではのお菓子があります
宮中の歌会はじめと同じテーマでつくられる「御題菓子」。
新年の宮中行事「歌会始め」は、その年に定められた御題で、歌を読むのが決まり。
お菓子屋さんも、この歌会始めの御題にそって、その腕をふるいます。
今年の御題は「野」。
「練り切り」や「羊羹」など、職人さんたによって、どんな「野」が表現されているか、
ぜひ、お近くの和菓子屋さんをのぞいてみてくださいね。

お正月のおめでたいお菓子、地域独特のものも、あるようです。
たとえば、金沢の「福梅」。
加賀の藩主前田家の家紋をかたどった最中です。
また金沢では、おみくじの入ったお菓子「辻占」もお正月のお菓子として有名です。

そして、見た目がとっても楽しいのが、北海道の「口取り菓子」。
練り切りや羊羹で、エビ、タイ、かまぼこ、だて巻き、といったものをかたどって、おせち料理のように並べるお菓子です。
由来は定かではありませんが、エビやタイが手に入らない地域で、その代用品としてつくったのが
この「口取り菓子」ではないかという説があります。

三が日は終わりましたが、もうちょっとお正月気分を味わっていたいですよね。
お正月のお菓子で、もう少し、おめでたい気分を味わいましょう。


TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。