お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「初売りは3日に後ろ倒し」三越伊勢丹に世間の反応は?

森本毅郎 スタンバイ!

森本毅郎・スタンバイ!ロゴ

けさは、お正月のデパートの「初売り」に起きている“ある変化”について、「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)1月4日の「現場にアタック」で、レポーター田中ひとみが取材しました。

田中ひとみ

★デパートの従業員にも正月休みを

初売りの“ある変化”とは、三越と伊勢丹が、例年1月2日に行っていた初売りを、3日に遅らせたということです。競合他社は元日や2日から営業している中、なぜこのような対応をとったのか?まず、三越伊勢丹ホールディングス 広報担当 塚田理恵子さんに聞いてみました。

三越伊勢丹ホールディングス 広報担当 塚田理恵子さん
従業員がしっかり休んで正月らしく過ごせるように、3日から営業という形をとらせて頂きました(一部店舗を除く)。『この先、お正月らしく、例えば駅伝を見ながら過ごすことは無いのかな』という感じで過ごしてきましたが、まさか2日まで休めるとは、と皆思っていると思います。実家が遠い人は実家に帰れたとか、家族友人とゆっくり過ごせたという声を聞くようになりました。」
森本毅郎スタンバイ!

「伊勢丹新宿店は、新年1月3日(火)が初売出し」のポスター

三越伊勢丹は、元日・2日をお休みにして、3日からオープンするという取り組みを昨年から始め、今年はさらに店舗数を拡大したそうです。店員さんからは「小売り業に就職したからには正月は無いと思っていたので、逆に何をして過ごせばいいのか悩んでしまう…」という戸惑いもあるようですが、やはりお休みが増えるのは喜ばしいこと。みなさんお正月を満喫しているようでした。

森本毅郎スタンバイ!

開店1時間前の伊勢丹新宿店の様子。建物の外周をぐるっと一周する程の行列ができていました

森本毅郎スタンバイ!

地下にも長蛇の列が。こちらはお店の地下入口に繋がっていますが、最後尾が瞬く間に伸びていきます

森本毅郎スタンバイ!

1月3日(火)9時40分、いよいよ初売りスタート!10時の開店予定時間を20分早めてのオープンです

他のデパートやショッピングセンターは、元日や2日に初売りをする所がほとんどという中での、三越伊勢丹のこの大きな決断。買い物をするお客さん達の反応はどうなのか?昨日、新宿伊勢丹の初売りに来ていた方達に聞きました。まずは賛成の声です。

★賛成派…「初売りありきの正月」から脱したい!

●「年末年始で田舎に帰省していて、来たくても来られないので、3日でちょうど良いです。
●「開いてるから行くのであって、別にお休みでもそれに合わせた動きを取るので、私個人としては何の支障も無いです。逆にお正月気分を家でゆっくり味わえて良い。開いていなければ開いていないなりの、ゆったりした生活ができるので良いと思います。
●「2日はマルイ。3日は伊勢丹。上手く買い分けができたので良いかなと思います。
●「昔、百貨店で働いていました。当時は、三が日が休みで百貨店だけ1~2日営業で、みんなとお休みが合わないから一人だけ仕事…。気持ち的につらかったので、年末年始ぐらいお休みしてもらっても構わないと思います。

元百貨店従業員の方の実感のこもった声もありましたが、消費者の立場からも、初売りが元日や2日だと、それに合わせて計画を立てるという慌ただしいお正月になってしまうので、初売りは3日のみでお正月気分を味わいたいという意見がありました。特にご年配の方からは、更に一日遅らせて、4日を初売りとしても良いのではないかというご意見も。一昔前の、4日が初売りの時代に戻しても構わないと仰っていました。

また、元日は東京〜2日は大阪〜3日にまた東京…と初売りのハシゴをしているという、初売りの猛者にもお話を聞きたのですが、そのような方にとっても、初売りの日程が分散している方が動きやすいそうです。

★反対派…「初売りといえば2日」が定着

一方で、初売りは今まで通り1月2日がいいという買い物客の意見もありました。

●「できれば2日くらいのほうが。帰って明日(4日)から仕事始めなんでちょっと体力的にキツイかな。他のデパート先に行っちゃう人もいるんじゃないかな。
●「2日からがいいね。みんな他所がそうだから。1日で済ませたい。
●「買い物する側にしたら忘れちゃうかも。初売りって2日だと思ってるから。他も全部3日だったら3日と思ってるけど、去年は2日に初売り行ったんで2日かなと思っちゃう。
新宿伊勢丹では、初売りが2日からになったのは今から14年前の2003年から。だいぶ前から定着しているので、昨日も街でインタビューしている中で、「3日なのに伊勢丹の紙袋を持っている人が大勢いて何故?と思った」という声もありました。2年目の取り組みなのでまだ認知度が低いということでしょうか。また、「仕事との兼ね合いで3日だとツライ」と答えてくれた一人目の方は、実は新宿伊勢丹の行列の一番先頭にいた方なんです。前日の夜11時半から徹夜で並んでいたそうなので、確かに、次の日から仕事と考えるとツライだろうと思います…。
このように様々な意見を紹介しましたが、賛成の声が75%、反対が25%で、賛成の声の方が多かったです。

★伊勢丹に合わせて休みが増えたけれど…

ここまでは買う側の意見をでしたが、では、商品を売る側(店舗を経営する立場の方)は、三越伊勢丹のこの動きをどう見ているのか。新宿伊勢丹近くにお店を構える時計屋の店長さんに聞きました。

新宿伊勢丹近くにお店を構える時計屋の店長さん
今年は1月2日からオープンです。伊勢丹の初売りの3日に少しでも合わせて。
(お休み取れました?)違う店舗に出勤してたので、無しです。伊勢丹の2連休は良いことだと思うけど、伊勢丹ぐらいの規模がないとできない。一日お店を開けてたら、作れるものもあると思うので、会社としてはそれが欲しいので。もちろん伊勢丹の初売りがあった方がお客さんが流れてくると思うが、この時期が正月ムードでお買い物ムードなので、普段と比べたら全然違うくらい売れるので、開けてる意味はあると思います。」

伊勢丹の影響で元日が休業になったけれど、店長さん自身は系列店のヘルプに行き稼ぎ時の2日は休まず営業。まとまった休みはお正月以外に取るようです。

(取材・レポート:田中ひとみ)

田中ひとみの現場にアタック(リンクは放送後1週間のみ有効)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170104073535

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)