お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

本好きの隠れ家・森の図書室 渋谷店【本のソムリエ】

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

~本のソムリエのコーナー

今回、ご紹介するのは、“森の図書室”です。

中嶋さんも、以前から気になっていたという森の図書室・・・
一昨年、「本と人がつながる場所」をコンセプトに、
クラウドファンディングで当時日本一の支援者1700名の方協力でオープン!
本好きのオーナーが、大人になってお酒も好きになり、
本とお酒を楽しめるお店を作ったそうです。

本の図書室の入り口は・・・

普通のビルの扉のようです。

事務所の扉のようです。

 インターホンを押すと・・・
中にいる店員さんが扉を開けて待つようにと、声をかけてくれます。
この扉をあけると目の前に本棚が!
その本棚をはさんで、“森の図書室”があるんです・・・

店内にはこんなにたくさんの本が!

店内にはこんなにたくさんの本が!

20170129bunngaku

本の並びはお客さんが自由に変えるなどして楽しんでいるそうです。

平日は、会社帰りのサラリーマンやOLさんが
ひとりで来店して読書することが多いそうで、
週末は、本のある空間でお酒を飲みたい方や、地方から来るお客様もいるとか!
お店には、1万冊以上のジャンルもさまざまな本と
文学作品から着想を得たフード・ドリンクのメニューがあり、
店内には本に集中しやすいように音楽も流れていました。

びっしりと感想が書き込まれたメモが、所狭しと貼られていました。

びっしりと感想が書き込まれたメモが、所狭しと貼られていました。

本の感想メモを貼るボードには、たくさんのメモが溢れていて、
他の人のメモを読んで、読む本を選ぶなど…メモで交流しているそうです。

森の図書室
渋谷駅から徒歩5分
会員制ですが、会員以外の方も席料500円で利用できます。
会員になると、さまざまな得点もあるそうです。
お店の詳しい情報に関しては、“森の図書室”の公式ホームページをご確認ください。

皆さんも、隠れ家のような“森の図書室”で、
本と人がつながる体験をしてみてはいかがでしょうか?

By文学の扉 スタッフ

ピックアップ