お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

「トランプ大統領誕生、英国のEU離脱の原動力!? 『ポピュリズム』とは一体何?」 水島治郎×遠藤乾×荻上チキ▼01月16日(月)(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)

荻上チキ・Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

01月16日(月) Main Session 

トランプ大統領誕生やイギリスのEU離脱の原動力?
ポピュリズムとは何か、その功罪とは

20170116_main2

20170116_main3

【スタジオゲスト】
『ポピュリズムとは何か』の著者で、千葉大学教授の水島治郎さん

【電話ゲスト】
『欧州複合危機』の著者で、北海道大学教授の遠藤乾さん
ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)欧州複合危機 - 苦悶するEU、揺れる世界 (中公新書)

———————————–

今夜のテーマは「ポピュリズム」です。

最近、「ポピュリズム」という言葉がメディアなどでよく聞かれます。

例えば、トランプ氏がアメリカ大統領選挙に勝利した際の
各紙の社説を見てみると、昨年11月10日付の朝日新聞は、
「敵を作り、対決を自演したトランプ氏の手法は、
露骨なポピュリズムそのものだ」と指摘。

また、同じ日の読売新聞は、大統領選について、
「相手候補に対するレッテル貼りやポピュリズムが目立ち、
政策論争が深まらなかった」としていて、毎日新聞は、トランプ氏について
「徹底したポピュリズムと言ってもいい」とそれぞれ書いています。

「ポピュリズム」は「大衆迎合主義」とも訳され、
日本でも例えば、小泉純一郎元総理や、橋下徹・元大阪市長などに対する、
批判的な言葉として使われています。

しかし、ポピュリズムを広辞苑で調べてみると、
「一般大衆の考え方、感情、要求を代弁しているという政治上の
主張・運動」とされていて、民主主義との違いもよくわかりません。

そこで、今夜のメイン・セッションでは、そもそもポピュリズムとは
いったい何なのか、その功罪を考えていきます。

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ。
===============================