お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

東京おもちゃ美術館でハイセンス玩具を遊んだら大人の方がハマってしまった!

ジェーン・スー 生活は踊る

世のお父さんとお母さんに朗報! 東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」から徒歩で約5分。使われなくなった小学校の校舎を利用した公民館「四ッ谷ひろば」の中にある「東京おもちゃ美術館」は、子供も大人も一日遊べる最高の遊び場だった!? 自身も一児の父である、TBS小笠原亘アナウンサーによる潜入レポート。
IMG_1164「東京おもちゃ美術館」は、認定NPO法人「日本グッド・トイ委員会」が設立した、おもちゃ専門の美術館で、「様々な世代が、おもちゃを媒介に”遊んで” “作って” “体験して”自然と楽しいコミュニケーションがとれる空間」を目指してつくられたそうです。

我々が遊びに行ったのが、祝日ということもあり、すでに子供連れの家族でいっぱい!いたるところで、子供の元気な声が聞こえてました。

中はどうなっているかというと……
▼入り口も兼ねた2階は展示中心のスペース。
IMG_1170グッドトイ委員会が選んだ、歴代の「グッド・トイ・セレクション」や、海外の知育玩具や、木製のおもちゃなどが並んでいて、一部のオモチャは実際に遊ぶことができます。
キャラクターグッズやテレビゲームなどは一切なし。
さらに奥には、「おもちゃのもり」と名付けられた、アスレチックのような大がかりな装置や、2万個の木のボールが敷き詰められた木の砂場など、全身で遊ぶ部屋もああります。
IMG_1210「おもちゃのもり」にはこんな巨大なそろばんもあります!

▼3階は、実際に遊ぶための教室が3部屋ほど並んでいます。
IMG_11833階に上がってすぐのところにある「ゲームのへや」には、テーブルが7~8卓置かれ、棚にはいろんなテーブルゲームやオモチャが置いてあり、それを自由に選んで遊ぶことができます。遊び方を解説してくれる係員さんもたくさんいるので、初めてでも安心です。
IMG_1179 (1)我々のお気に入りは、「おばけキャッチ」と「窓ふき職人」というゲーム。こちらは、次回、紹介します!。

▼廊下もおもちゃでいっぱい!
IMG_1203けん玉、こま、福笑いなどの伝統なものから、あまり見ないものまで様々なおもちゃが並びます。
IMG_1192小笠原アナのおすすめは、「チーズの穴」というゲーム。チップが穴に落ちないように、紐を操って上まで持っていくゲーム。見た目に反して、結構むずかしいです。

▼さらに、おもちゃコンサルタントと一緒に手作りのおもちゃをつくるワークショップも開催されており、遊ぶだけでなく、つくる楽しみも提供しています。

▼入場料は、おとな800円、こども500円。親子ペア券1200円。

▼2階受付の隣にはミュージアムショップがあり、中で遊んだおもちゃを買って帰ることもできます。

<まとめ>
▼「東京おもちゃ美術館」は、おもちゃを通じて、いろんな世代がつながることができる、とても幸せな空間でした。子供だけでなく、大人もちゃんと遊べます!むしろ、大人の方が熱くなっちゃうかも…?