お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

モンテスキューの名言

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

きょうは、フランスの哲学者モンテスキューの誕生日。1689年、モンテスキューはワインの産地・フランスのボルドー近くで、貴族の息子として生まれました。ボルドー大学で法律を学んだモンテスキューは1721年に匿名で『ペルシア人からの手紙』を発表。フランスの封建社会、絶対王政を批判し啓蒙思想家として活動するようになります。39歳から、およそ3年間は、ロンドン、ローマに渡って政治体制を学び、ボルドーに帰ってからは、国家や政治のあり方を批判。そして1748年、執筆に20年かけたと言われる自身の著作『法の精神』の中で、政治権力を、立法・司法・行政に三分割する「三権分立論」を提唱しました。国家の最高権力を、一人に集中させず、立法権・司法権・行政権の三権に分けて、それぞれを別個の機関にゆだね、互いに監視、牽制しあう政治システムです。この三権分立論がフランス革命や、アメリカの合衆国憲法をはじめとする近代の憲法理論に大きく影響を与えたと言われています。

 

では、フランスの偉大な哲学者モンテスキューはどんな言葉を遺しているのか?いくつか名言をご紹介しましょう。『世の中で成功を収めるには、馬鹿なように見せかけて利口に活動することだ。』『多くの場合、成功は成功するまでの所要時間をを知っているか否かにかかっている』『1時間の読書をもってしても 和らげることのできない悩みの種に私はお目にかかったことがない』『愚か者は、まじめを盾にする』『離婚は進んだ文明にとって必要である』『幸福を数えたら、すぐ幸福になれる』。

みなさんは、どの名言が心に響きましたか。


TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。