お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

子どもの「放課後」は教育なのか?福祉なのか?

荒川強啓 デイ・キャッチ!

TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(月~金15:30-17:46)。
「気になるニュースが話せるニュースになる!」をコンセプトに、様々なニュースをお届けしています。

dc_header_bg7

 

評論家・山田五郎さんのコラムコーナー。1月19日(木)のテーマは

子どもの「放課後」は教育なのか?福祉なのか?

そもそもは、高度成長期に急増した「カギっ子」に、放課後も安心して過ごせる場を提供るために、保護者らの自主的な取り組みとして始まった学童保育。いま、利用する児童と待機児童の数が、過去最多になっているという。その受け皿として「民間学童」という選択肢もあるものの、利用料金が割高で利用のハードルが高いのが現状です。では、どのような対策があるのか…詳しくはTBSラジオクラウドの「デイキャッチャーズ・ボイス」コーナーをお聴き下さい。