お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

ブロッコリーから誕生した新しい野菜とは?

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

いろんなお料理に使えるブロッコリー。
一年中お店に出ていますが、実はいまが旬の真っ最中です!
ブロッコリーは、ビタミンやミネラルがとても豊富、特に豊富なのがビタミンC。
グラムあたりの含有量をレモンと比べてみると、なんとブロッコリーのほうがビタミンCが多いそうです。
ビタミンCは風邪予防に効果があると言われていますから、いまの季節にぴったりの野菜といえるかもしれません。
また、ブロッコリーといえば、あのモコモコっとした形が特徴ですが、あのモコモコよりも茎のほうが重要な栄養が詰まっているそうです。
ですから、茎のほうもしっかり食べてくださいね。

みなさんは、このブロッコリーのふるさとをご存じでしょうか。
ふるさとは、地中海の沿岸部。
先祖にあたるのは、青汁の材料として知られるケールだそうです。
花やつぼみの部分をおいしく食べられるよう、ケールを品種改良したものが、ブロッコリーやカリフラワーでした。
ちなみに、ケールから改良されたものとしては、キャベツやダイコンもあります。

実は、このブロッコリーからも、さらに新しい野菜が誕生しています。

●中国の野菜と掛け合わせて茎を長くした「スティックセニョール」
●葉っぱの部分がおいしい「アレッタ」
●キャベツとブロッコリーから生まれた「アンチョビ菜」
といったものがあります。
     
それから、いまとても注目されているのが、ブロッコリーの新芽「ブロッコリースプラウト」
病気の予防や美容効果が期待できるという【スルフォラファン】という成分が豊富なのだそうです。
健康的な食事に関心のある皆さんのあいだでは、すでに大人気だそうです。
栄養を壊さない食べ方としては、生のままで食べるのがおすすめ。
ドレッシングとあえたり、うどんに散らしたりと、いろんな料理に使えます。
     
まだ食べたことがない…という方は「スルフォラファン」いっぱいの「ブロッコリースプラウト」、ぜひお試しください!


TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。