お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

TPPと著作権の行方

森本毅郎 スタンバイ!

★1月28日は万国著作権条約公布の日

トランプ大統領は就任から3日後の1月23日にTPP(環太平洋パートナーシップ協定)から永久に離脱するという大統領令に著名しました。安倍総理はトランプ大統領と話し合うと言っていますが、それによって状況が変化する可能性は限りなく小さいと思います。TPPというと日本では農業産品を聖域として守るということが議論の中心でしたが、それ以外にも環境保護、食品衛生、薬価の上限、知的財産、公益事業など広範な分野を対象にして貿易を促進にする仕組が検討されたものです。実は60年前の1956年1月28日に、日本で「万国著作権条約」が公布されたことを記念して、1月28日は「コピーライターの日」となっていますが、それに因んで、今日はTPPと著作権の問題を考えてみたいと思います。

著作権と似た制度が特許権ですが、簡単に言うと、特許権というのは「モノ」について一定期間の独占権を認めるのに対し、著作権のほうは「情報」について独占権を認める制度です。著作権は英語で「コピーライト」と言われるように「コピーする」すなわち複製する権利ですから、15世紀に印刷術が発明されてから登場し、1545年にヴェネチアで最初の制度ができています。それを国際的に通用する制度にしたのが1886年に成立した「ベルヌ条約」(正式には「文学的・美術的著作物に関するベルヌ条約」)ですが、いつものようにアメリカは自国の慣行と違うという理由で参加せず、そこで、アメリカが参加できるように1952年にできたのが万国著作権条約という複雑な経緯になっています。

★米国は著作権を都合よく延長

特許権も著作権も本来は権利者の権利を保護することよりも、技術や情報が社会で共有されることによって全体が発展することを目指した制度です。しかし今回のトランプ大統領の方針が象徴するように、アメリカは自国の利益優先で制度を制定している国です。その一例が「メートル法」です。世界各国がメートル法を導入するという「メートル条約」は1875年に締結され、日本も時間はかかりましたが、尺貫法を廃止して、1959年に完全にメートル法に移行しました。ところが、世界でアメリカとリベリアとミャンマーだけがメートル法を採用せず、アメリカは現在もヤードポンド法を使用しています。著作権は各国が制定する制度ですから、アメリカが独自に延長していても問題はありませんが、なかなか強引です。

アメリカでは1790年に初めて著作権法が成立したのですが、当初の規定では、著作権が認められたのは制作されてから14年間で、その14年が経過した時に著作権者が生存していればさらに14年間の追加が可能で、つまり最長で28年間でした。これが、1831年には42年間となり、1909年には56年間に延長されました。

★ミッキーは40年も「延命」

ところがこの制度では、1928年に映画として公開されたミッキーマウスの著作権が1984年で切れることになるため(1928年+56年間)、ウォルト・ディズニー社は政界工作をし、個人の場合は死後70年、法人の場合は発表後95年か制作後120年になり、ミッキーマウスは2023年(=1928年+95年間)まで寿命が伸びました。ミッキーマウスの死期は当初の1984年から2023年まで40年も延びたことになり、アメリカの著作権法は「ミッキーマウス延命法」と言われています。2023年が近づくとさらに延長されるという噂もあるほどです。

日本は現行の著作権法では映画のみ公表後70年ですが、音楽や著作は著作者の死後50年か公表後50年でした。TPPが成立すれば、すべて一律70年になる予定でしたが、これは頓挫したことになります。確かに苦労して創作した人々やその遺族が、より長期に権利を確保したいという気持ちも理解できますが、そもそも特許権も著作権も、技術や情報を社会が共有することによって発展するという趣旨で制定されたことからすれば、逆行しています。

★パブリック・ドメインという考え方

そこで登場してきたのが「パブリック・ドメイン」という考え方です。日本で有名な例は「青空文庫」です。日本での書籍の著作権の期限である死後50年が経過した作品と、著者が公開を了解した小説などをインターネットで無料公開している電子図書館で、1997年に開始され、現在、1万4000冊近い作品が公開されています。世界規模で行なっているのは、インターネットの登場を見越してすでに1971年から始まった「プロジェクト・グーテンベルグ」です。英語の作品が中心ですが、「アメリカ独立宣言」を第一号として、現在、3万冊以上が閲覧可能になっています。さらに大規模な無料の電子図書館は、グーグルが運営している「グーグル・ブックス」で、すでに1200万冊の情報がデジタル変換されていますが、現状では著作権が無くなった作品は全文表示で100万冊以上、著作権が存在している作品は一部だけ公開され、書籍販売サイトへリンクされる仕組みですが、これも100万冊以上になっています。

このような傾向を「コピーライト」に対して「コピーレフト」、すなわち著作権を放棄したという表現をしますが、インターネット時代になり、このような動きが出てきています。そのような中で、著作権の保護期間が大幅に延長されると、これまで公開されていた作品が公開できなくなる場合も登場してきます。個人や企業の利益を重視するか、社会全体の発展を重視するかの選択になりますが、「アメリカ・ファースト」のような政策は社会全体の発展を阻害するのではないかと思います。

東大名誉教授・月尾嘉男さんが1月26日の「日本全国8時です」で紹介しました。

東大名誉教授・月尾嘉男さんが1月19日の「日本全国8時です」で紹介しました。

月尾嘉男の日本全国8時です(リンクは放送後1週間のみ有効です)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170126080000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)