お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

明日へのエール「金のことば」1月28日(土)は、江戸時代の数学者「関孝和」の言葉

明日へのエール~ことばにのせて~

TBSラジオで放送中の「明日へのエール~ことばにのせて~」(毎週土曜 夜9時〜10時)何気なく耳にした、あるいは目にした「ことば」によって、勇気づけられたり救われたり…。 時として「ことば」は私たちに大きな力を与えてくれます。偉人の格言、映画のセリフ、言葉をテーマにしたショートストーリーなど、“ことば”をテーマにお送りしている番組です。これらの「ことば」が、皆さんにとってエールになれば…。そんな想いを込めた番組です


いくら歳月を経ても色あせない言葉があります。そんな、時空を超えて私たちの心に届く偉人たちの言葉をご紹介する「金のことば」

江戸時代の数学者「関孝和」

1月28日(土)は、 江戸時代の数学者「関孝和」 を紹介しました。海外の進んだ知識を知る由もなかった鎖国時代の江戸の町に、数学の世界において、歴史の100年200年、先を歩く男がいました。江戸の天才数学者、関孝和です。関は、自分の数学を役立てようと、幕府の念願だった古い暦を作り直す改暦の事業に挑みます。ところが、関が高度な計算法で暦を正確に割り出して行く中、天文学者が作った新しい暦が発表されてしまいます。改暦の夢を打ち砕かれ、世間の批判に晒される中、毅然として、これまでの研究のすべてをまとめる著作に取り組んだ関が残した言葉とは・・・。

放送の内容はYouTubeでお聞きいただけます