お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

日本人の口に合う国産パクチー「岡パク」を普通のパクチーと食べ比べた結果

ジェーン・スー 生活は踊る

飲食店情報サイト・ぐるなびで、2016年を代表する“今年の一皿”に「パクチー料理」が選ばれたのをご存知ですか? 『調味料・レトルト食品・菓子などの商品化も進んで一般家庭にも広く浸透した』『愛好家を『パクチスト』と呼ぶ造語も生まれた』などなどの理由で選ばれ、パクチーが注目された1年になりました。

2017年は「国産のパクチー」が注目されています。
パクチーと聴くとタイの野菜を思い浮かべると思いますが、実は日本でも作られているんです。それが「岡山」。岡山のパクチーで通称「岡パク」
岡パクは、日本人の口に合わせたマイルドな香りと味が特長で、人気上昇中なんだとか。
ということで、普通のタイのパクチー“タイパク”と岡山のパクチー“岡パク”食べ比べしてみました。
パクチー比較
生活は踊る20170208スー「生で食べても意外といける!特に、岡パクはマイルドで甘みがある。」

実は、パクチーは「おにぎり」にすると、より美味しく食べられるらしいということなので…作ってみました!

小倉さんに握ってもらいました!

小倉さんに握ってもらいました!

レシピは、ご飯に刻んだパクチーと塩を入れて混ぜて握るだけ!
スー「おにぎりにパクチー!そのまま!!」
ということですが、シンプルにパクチーの味を楽しめて、パクチストにはたまらない!
アレンジで枝豆や梅干し、ゴマやごま油、ナンプラーを入れたりしても美味しいですよ。

岡パクは、インターネットでのお取り寄せや、アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」でも購入できます。現在「とっとり・おかやま新橋館」では、岡山パクチーフェアを行っており、美味しい岡パク料理が楽しめるそうです。お近くの方はぜひどうぞ!