お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

すでに強風シーズン到来!4月までは要注意。

ジェーン・スー 生活は踊る

毎週木曜日は、番組お抱え気象予報士・増田雅昭さんのお天気コラムをお送りしています。

今年一番の寒さ
番組が始まる午前11時の段階で、今年一番冷えていたのが、今日2月9日。東京都心は2.6℃でした。(“今シーズン”だと、昨年11月24日に雪が降った時の1.3℃に次ぐ気温でした)

雪の日は気温が上がりませんが、この天気と気温の関係は「お・み・ご・と」で覚えられます。朝の最低気温と昼間の最高気温の差は・・・
雪の日は「0℃(お)」 雨の日は「3℃(み)」 曇りの日は「5℃(ご)」 晴れの日は「10℃(と)」が目安になります。
その日の天気から、昼間の気温を考えて、服選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

強風は2〜4月が要注意!
実は今の時期から強風に注意した方がいいんです。
2006年〜2009年に東京消防庁の管内で、強風による被害で救急搬送されたのは646人。その半分強は2〜4月に被害が集中しています。この数、台風シーズンより多いんですね。2〜4月は季節の変わり目ということで、北風も南風も強く吹きます。
風は気温差を調整する「装置」です。気温差を解消するために、空気が動く、それが風です。冬から春にかけては、北と南で気温差が大きくなる時期なので、強風の日が多くなるんです。

強風による被害は、転倒が一番多く、特に年配の方に多くなっています。
次に被害で多いのが、飛来物・落下物との接触。
3番目は、ドア・扉に指を挟まれること。骨折や切断ということも。
4番目は、自転車やベビーカーなどの転倒。
人的被害の他にも、強風で個人情報が載った書類が飛び散ったというニュースもしばしば…。

強風の日は、特に年配の方は外出に気をつけましょう。傘を差していて体を持っていかれて転倒することも多いそうなので、雨で強風の日は周りの人が送って行くなど。また、飛来物・落下物に関しては、ベランダなど家の周りの物が凶器になることもあります。人に危害を加えることがないように、屋内に入れておきましょう。車や家のドアの開け閉めについては、特にお子さんは、声かけと、見守りを。
これからの時期、強風の予報が出た日は要注意ですよ!
生活は踊る20170209

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。
AM954kHz、FM90.5MHz、PCやスマートフォンはradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー等進呈)
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)
■ Twitter:@so954905 (日々のお知らせ)
■ Instagram:so954905 (オンエアや取材裏フォト)
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)