お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム

松屋のカレー専門店!?西友の150円カレー!?ハナマサの骨付きチキンカレー!?今、「伏兵系カレー」が熱い!!

スペシャルインフォメーション!

■カレーが本業じゃないのにこんなに美味しくていいのか!?「いいんです!!!」
カレー生活01
 
美味しいモノや話題のスポットなど、いつもの生活が少しだけ輝き出すような生活情報を届ける「ジェーン・スー生活は踊る」。
 
番組の冒頭、各曜日のアナウンサーが、メインパーソナリティーのジェーン・スーに最新生活情報を伝えるコーナーがあるのだが、ここでよく登場するのが、「伏兵カレー」の情報。
 
伏兵カレーとはすなわち、本来カレーが有名じゃない店なのに、気付いたらなかなか見どころのあるカレーを提供していた……というケースのことだ。
 

■全国展開したらカレーチェーンの勢力図がかわる!?松屋フーズのカレー専門店「マイカリー食堂」

02seikatu

03seikatu
 
2016年10月24日の放送で紹介したのは、松屋フーズが三鷹本社の目の前で運営している「マイカリー食堂」。
 
もともとカレー好きの間で松屋のカレーは「そこそこイケる」と評価されていたのだが、この店が出すカレーはその域を超えている。

生活カレー

蜀咏悄04繝槭う繧ォ繝ェ繝シ

期間限定のスパイシーレッドカレー(590円)と、スペシャル欧風ビーフカレー(770円)+ミルフィーユカツ(200円)……ルックスだけで金を取れるレベルである。
 
チェーン店のクオリティをはるかに超え、もはや高級カレーの名店と比べても遜色ないほど。あまり美味しさに、スタジオで試食したジェーン・スーも思わず言葉を失ったほどだ(ラジオなのに)。
 
レポーターとして実際に食べに行った小笠原亘アナウンサーによると、マイカリー食堂が全国展開されたら日本のカレーチェーンの勢力図が塗り変わってしまうだろう、とのこと。
 
明日にでも中央線に飛び乗る価値あり、だ。
生活カレー

 
■スーパーの西友が本気出すとレトルトカレーが13種類も並ぶので、自宅の食料ストックコーナーが爆発するレベル

蜀咏悄07隘ソ蜿
2016年6月30日の放送で紹介したのは、スーパー「西友」のプライベートブランド「みなさまのお墨付き」のカレーシリーズ
 
全13種類を放送後のTBSで試食したところ…「カシューナッツ香るマッサマンカレー」「ひよこ豆と野菜のチャナマサラカレー」「生クリームで仕上げたイエローカレー」の3つが「とても美味しい!」と好評価。
 
これらがすべて税別150円以下だというから、いい時代になったものだ。
 
 
■「肉のハナマサ」のプライベートブランドがオシャレなカレーを出していて思わず二度見
蜀咏悄9繝上リ繝槭し

蜀咏悄8繝上リ繝槭し 
 
関東地方に展開するスーパーマーケット「肉のハナマサ」。精肉が有名だが、最近はプライベートブランドのカレーも充実している。

 
「お肉屋さんが作った美味しいカレー」は、ジェーン・スーが一口食べて、「給食のカレーだ!」と思わずシャウト。ノスタルジックな味わいながら、牛脂が入っているため肉を入れずとも肉の香りが楽しめるらしい。

 
また、「チキンレッグカレー」はサラサラ系のルーに鶏のもも肉が一本丸々入っており、2人分で 398円。鶏肉もかなり本格的で、プレゼンしていた井上貴博アナウンサーもトークを忘れて「……これ美味いな……これ美味いな……」と呟きながら完食してしまうほどだった。

蜀咏悄10繝上リ繝槭し

 
■聞けば生活が踊りだす!「ジェーン・スー生活は踊る」
 
毎週月~金曜11:00から13:00の生放送。ことほど左様にカレー情報が充実しているこの番組だが、もちろんカレー情報以外もお伝えしている。
 
2月20日からの一週間は、「今さら聞けない初歩的生活情報ウィーク」として、みんなが知ったつもりなっているアノ話をアナウンサーが街に出て試してくる。
 
「おじさんがホットヨガに行くとどうなるか」
「40歳からのラーメン二郎デビュー 〜女子アナ編〜」
「家電量販店でどこまで値切れる?」
「無難な注文からの卒業 〜スターバックス注文講座」など、気になる情報が満載だ。
 

ラジオがあると、生活にリズムが生まれる。