お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

えのき茸の生産量日本一!!JA中野市!

はじめよう!きのこ習慣!

JA中野市プレゼンツ『はじめよう!きのこ習慣!』。TBSアナウンサー豊田綾乃が、「おいしい」「元気」「美しい」をキーワードに「きのこ」の素晴らしさを発信。毎回ゲストをお迎えして、きのこの魅力を聞き出します!!(毎週土曜、午後4時50分~)


中野市とは?

第一回は、「きのこ」のことをよ~く知るお二人、JA中野市 営農部きのこ販売課・課長の出川秀隆さん、そして JA中野市えのき茸部会・会長の湯本修治さんにご登場いただきました。中野市と聞くと、東京の中野区が頭に浮かぶ方も多いと思いますが、JA中野市の「中野市」は、長野県北部にあります。栗で有名な小布施町の北隣で、志賀高原の麓に位置します。古くから農業が盛んで、りんごやぶどうの栽培では、全国でも有数の品質と生産量を誇るのだとか。ご存知でしたか??そんな中、早くから「えのき茸」の栽培に取り組み、生産量は日本一を誇ります!スーパーで手に取る「えのき茸」の産地を見て下さい!ちなみに、スタジオのある赤坂のスーパーに並ぶえのき茸の産地は、「JA中野市」でした。

きのこマメ知識!

一般的にキノコの種類は6万種を超えると言われていて、その中で食用になるのは、およそ200種類なのだとか。まだまだ、分かっていないことが多いんですね。中野市では、全国第一位の生産量を誇る「えのき茸」をはじめ、「ぶなしめじ」「なめこ」「エリンギ」などを栽培しています。ハウスや室内施設で栽培されるものは、温度や水などが管理された環境で育つため、年間通して、美味しいキノコを安定したお値段で供給できる!という訳なんですね。

「地元ではえのき茸を天麩羅にしていただくよ」と出川さん。食べやすく小分けにしたエノキの束の下の方に海苔を巻き、扇のように広げて揚げるのだとか。う~ん!美味しそう!!皆さんもお試しください。

JA中野市:http://www.ja-nakanoshi.iijan.or.jp/