お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

トクホのお茶は、飲むベストタイミングが存在する

ジェーン・スー 生活は踊る

お茶やチョコレート、コーラなど、次々にラインナップが増えているトクホ(特定保健用食品)商品。

でも「どんな効果があるのかわからないけど、なんとな〜く健康に良さそう!」「実はトクホについて、よく知らない」という人も多いのでは?
今回は「基礎編」として「そもそもトクホってなに?」「よく見かけるトクホのお茶ってどんな効果があるの?」この辺の疑問を解消しました。

「今更聞けない、トクホってなに?」
トクホとは…特定保健用食品の略称のこと。あの「ばんざーいをした人型のマーク」=「消費者庁許可特定保険用食品」という文字の入ったロゴでもおなじみですね。
制度が発足したのはなんと1991年!ずいぶん前からあります。他の食品と違うのは、からだの生理学的機能などに影響を与える成分を含んでいるということ。血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、お腹の調子を整えるのに役立つなど、特定の保健の効果が、科学的に証明されています。つまり「国に科学的根拠を示して、有効性や安全性の審査を受けています」という、「国のお墨付き商品」のこと。

トクホと聞くと「お茶!」というイメージも強いですが、普通のお茶とトクホのお茶の成分の違いはご存知ですか? これはズバリ「カテキンの含有量」。商品によって異なりますが、通常のお茶の4倍ものカテキンが含まれているそうです。なのでトクホ茶を飲むと、消費カロリーが1日に50~100kcalも増加するといわれています。
生活派踊る20170215
そして、各メーカーのトクホ茶にもそれぞれ特色があります。実は飲むベストタイミングにも違いがあります。

「花王 ヘルシア」
ダイエット特保の先駆け的商品。飲むことで、脂肪を代謝する力が高まるという触れ込みなので「一日の運動を始める前、できるだけ早い時間に飲む」、つまり活動前・運動を始める前のできるだけ早い時間に飲むと効果的なんだそう。

「サントリー 黒烏龍茶」
最も効果的とされる飲み方は…食事の前後、脂肪を摂取するのと同時。血液中には中性脂肪が含まれてますが、食後から徐々に増えてて4時間経った頃が一番数値が高い状態に。これを何も対策をせず毎日どんどん中性脂肪を高めていってしまうと、体への脂肪へと繋がっていってしまうのです。黒烏龍茶はこの血液中にある中性脂肪の上昇を約20%抑えるといわれています。

…というのが基礎情報ですが、2/22(水)の放送ではさらに「食品表示の基礎知識」を研究します。「糖質と糖分の違いは?」などの素朴な疑問を、消費生活コンサルタントの森田満樹さんに答えていただきますので、so@tbs.co.jpまでメールをお送りください!