お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ジャン=クロード・ヴァン・ダムの魅力を語り始めたら約35分が一瞬で終わった

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

20170211_01

2月11日の特集は、人気アクション俳優「JCVD」ことジャン=クロード・ヴァン・ダムの魅力を「SKJM」こと人気リスナー・三角絞めさんが解説するというもの。

JCVDの『サイボーグ』に感銘を受け、文系だったのに肉体を鍛え始めたあの頃。

死にたいぐらい辛かった時、ふと立ち寄った映画館で見て感動し、劇場で声を出して応援してしまったという『ライオン・ハート』。

そして、一度フラれた女の子に再度告白する勇気をくれた『ダブル・インパクト』……(その後本当に付き合ったらしい)。

人生の要所要所で登場するJCVD映画について熱く、時として必要以上にディテールを細かく語っていたところ、案の定予定していた中身の1/3あたりを過ぎたところで無情のタイムアップ。

近いうちに必ず第2回をやりましょう! といってお開きとなりました。

ちなみに三角絞めさんは、迸るJCVD愛とは別に、個々の映画への評価は「ファンなら楽しいんですけど」「まぁまぁって感じでした」など極めてクレバーなジャッジを下していたのが印象的でした。

皆さん、それまでにぜひ、『キックボクサー:リジェネレーション』を見てJCVDについて予習しておいて下さい。

20170211_02
持ち込まれたSKJM私物のJCVDソフトとBLACK BLACKガム(JCVDが昔TVCMに出ていた)。

20170211_03
スタジオではJCVDが見守っている(実写版『ストリートー・ファイター』のガイルフィギュア)

20170211_04
これを見るといかに三角絞めさんが巨軀かわかろうというもの。

マスクについてはあえて触れないようにします。

20170211_05
番組思いの三角絞めさん。かつて番組スポンサーになってくれた8×4 MENを未だに愛用していることをアピール。

ポスターにどうでしょう?>花王さん

20170211_06
20170211_07

看板コーナー「週刊映画時評ムービーウォッチメン」で扱った映画はベン・アフレック主演の『ザ・コンサルタント』

この映画の宇多丸の評論はこちらですべて読めます。

【映画評書き起こし】宇多丸、『ザ・コンサルタント』を語る!(2017.2.11放送)

20170211_08
20170211_09

来週の映画は、ベネディクト・カンバーバッチ主演のマーベル映画『ドクター・ストレンジ』に決定しました。

20170211_10

J-POP DJコーナー「ディスコ954」では、DJミッシェル・ソーリーさんによる「バレンタイン・キッス地獄MIX」。

国生さゆりさん1986年の「バレンタイン・キッス」のカバーをひたすら繋ぎ続けるという、地獄感の高い毎年恒例行事。

今回はAメロ・Bメロ部分のみをひたすら繋ぎ続け、最後の最後にサビが来るという構成でした。

これはこれでやはり地獄感もあったのですが、ミッシェルさんによると来年こそ本当の地獄が訪れるそう。

なぜなら2018年は「バレンタイン・キッス」のサビだけを繋いだMIXを披露する予定だからだそうです。

震えて待て!

文/古川 耕(構成作家)
写真/小荒井 弥(音楽ディレクター)

◆TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」第514回(2017年2月11日放送)放送後記

◆過去のタマフル放送後記はこちらから。