お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

ゲスト・石井正則さん、声質まで変幻自在!?【最後の一葉】

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

今週はゲストに俳優でタレント・ナレーターでご活躍の石井正則さんをお迎えして、
オー・ヘンリーの『最後の一葉』をお届けしました。

 

今回で4度目のご出演となる石井さん。
石井さんがスタジオに入るや否や、パッと空気が和やかになります。

20161211bunngaku

 

今回の作品では、さわやかな好青年のトムと、
肺炎を患った大酒飲みのベアマンの2役を演じていただきましたが、その豹変ぶりが凄い!
話し方はもちろん声質まで全く変化しているので、同じ人が演じているとは到底信じられません。

 一方今回は、病気のジャンジー・語り・医者の3役を演じた朋子さん。

ディレクターから、
「医者は太ったイメージでお願いします。…得意ですよね?笑」
という突然の投げかけに笑みをこぼしながら、3役とも見事に演じ分けられていました。

 聴いている皆さんも自然と物語に引き込まれていったのではないかと思います!

 

お話の中でジャンジーがそうであったように、
絶望した瞬間に何もかも弱気になってしまうことってありますよね。

そんな時、傍で誰かが支えてくれていたり、背中を押してくれたり、
何かのキッカケで心が救われていることってたくさんあるなぁと思います。

それに改めて気付けた時が、1番心が軽くなる瞬間なのかもしれませんね。

 人生感が溢れつつも、どこかほんのり温かい素敵な作品でした!

 来週もゲストに石井正則さんをお迎えして、
オー・ヘンリーの『桃源境の短期滞在客』をお届けします。
石井さんの素敵な語りと、ニューヨークらしい物語、どうぞお楽しみに♪

by 永瀬千裕

 

 

ピックアップ