お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

将棋

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

11月17日は「将棋の日」です。徳川吉宗がこの日を「御城(おしろ)将棋の日」と定めたことから1975年に「日本将棋連盟」が定めました。この「御城将棋」とは、いわば御前試合の将棋大会というイメージ。幕府を開いた徳川家康が、将棋や碁を好んだことから、江戸時代を通じて行なわれていたそうです。

「将棋」の起源は、インドのボードゲーム「チャトランガ」とされ、これが世界各地に広まり、将棋以外にも中国将棋である「シャンチー」や西洋将棋とも呼ばれる「チェス」の原型になったそうです。日本で独自の進化を遂げた「将棋」ですが、平安時代の文献に記述があり、およそ千年の歴史を持つとか。ところが、実は現在、大変なピンチなんだそうです。それは「コンピュータ」対「人間」の戦い。つまり、人工知能との対戦でプロ棋士が敗れると状況が続いているのです。

コンピュータとプロ棋士の対局は、2010年からはじまりました。当初はあくまでイベント的な位置付けだったものが、コンピュータが頻繁に勝利するようになり、今年2016年には「電王戦(でんおうせん)」という将棋連盟の正式な大会となりました。そして第1期の電王になったのは、コンピュータソフト「ポナンザ」でした。コンピュータが強くなったのは将棋だけではありません。チェスでは20世紀の内にコンピュータが勝利。将棋もコンピュータが何度も勝利を収めるようになり、最後の牙城とされた「囲碁」でも、今年、コンピュータに敗れているのです。

子供の頃に考えていた「ロボットが活躍する未来」にすでになっているということなんでしょうか。便利になるなら、それはそれで、いいのかもしれません。


TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。