お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

パイロットの意外なテクニックをぶっちゃけ!

ジョブチューンR

ゲストは、JAL=日本航空のパイロット・江原泰博さん。
パイロット歴20年。これまで1万時間以上のフライトを経験したベテランパイロットです。
そんな江原さんのぶっちゃけは!?

「飛行機を“ドン”と強く着陸させるパイロットは…」
『操縦が下手というのは大きな間違いです!』

【江原さんのぶっちゃけ】
パイロットが安全に着陸するために最も大事なことは、滑走路の中に安全に飛行機を停止させることです。
雨で滑りやすかったり、横からの風が強い時は、滑走路の決まった範囲のなるべく手前に着陸して、ブレーキが使える距離を長くし、機体を止めます。
滑走路の手前に着陸しようとすると、降下する角度をあまり緩めないので“ドン”と強くなりますが、それは機体を安全に止める為のテクニックなのです。