お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

【告知】ゲストは写真家・フリーライター大山顕さん▼メッセージテーマ「アルバイトの思い出」 11月20日(日) 10:00~『安住紳一郎の日曜天国』

安住紳一郎の日曜天国

安住紳一郎の日曜天国

 

 

 

 

 

 

毎週日曜 朝10時から生放送でお送りしているTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」

▼11月20日(日)はゲストに写真家・フリーライターの大山顕さんをお迎えします!

▼メッセージテーマは「アルバイトの思い出」です。

ちなみに、にち10スタッフの「アルバイトの思い出」は…

「中学1年から高校3年生までの6年間、新聞配達を続けたことが、何事も途中で投げ出しがちな我が人生の数少ない自慢です。今でも実家周辺の約100軒が何新聞を取っているのか、そんな個人情報を覚えています。これは何の役にも立たない自慢です」(30代♂・構成作家)

「学生時代、スーパーのレジ打ちに挑戦。慣れればできるだろうと思っていました。が、襲い掛かる冷凍食品3割引デー、期間限定クーポン、お米券、ビール券、さらには、見た目が微妙に違う揚げ物たち、花や焼き芋は別の袋でつつむ、など、怒涛のミッションに大苦戦。主婦の凄さを身にしみて感じました」(30代♂・アシスタントディレクター)

「バイト先に面接に来た中国人のオジサン。『レジ打ちは出来ますか?』と尋ねたら『レジは打ったことないです。でも、ロケット砲は撃てます』
と返された。軍隊経験があるとは聞いたが…」(30代♂・プロデューサー)

「初めてのアルバイトは、中学生のとき。自転車でお歳暮の配達をした。ある家で、おばあちゃんが上半身裸で出てきた。今でもトラウマです」(40代♂・ディレクター)

「吉祥寺のデニーズ、青山のカフェ、新橋のもんじゃ焼き屋。私がアルバイトをしたお店は、辞めたあと軒並み閉店していて、残っているのは思い出だけです。…なんかしたかなぁ」(20代♀・おでかけリポーター)

「学生時代の4年間、清掃のバイトをしていました。とある幼稚園の清掃をしていたときのこと。急にお腹が痛くなり、大人用のトイレまで間に合わないと悟った自分は、児童用の小さなトイレの個室へ。直後、お手伝いの先生数人がトイレ清掃に入ってきた。そして…、『あれ? 誰か入っているの?』上から覗かれた。死にたかった」(40代♂・構成作家)

メッセージを紹介した全ての方に、にち10オリジナルポストカード その三十二「安住之変妖逢魔ヶ時」をお送りします。

Let’sハッスル!

Array ImgEater1.0.7,Columns=7205,Rows=10039,Bits Stored=8,Pixel Spacing=0.0846666641235352.084666664123535