お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

青魚の健康効果!オススメの食べ方は刺身!?

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週金曜日の6時10分頃からは、「サントリーウエルネス おはよう健康塾」。気になる健康情報をお届けしています。今朝は、服部栄養専門学校・講師の鈴木章生先生に、「青魚の健康効果」というテーマでお話を伺いました。

「DHA」「EPA」

 

青魚に含まれるDHA,EPAは、人間に必要不可欠な脂肪酸。魚介類の中でも、いわし、さんま、あじ、クロマグロなど、特に青魚に豊富に含まれているんです。血液の流れをスムーズにしたり、中性脂肪や悪玉コレステロールを低減する効果があるため、高血圧や動脈硬化などの予防に役立ちます。また、脳や目など、神経系の機能を高めることも分かっています。

青魚は刺身で!!

DHA,EPAなど、青魚に含まれる栄養素を効果的に摂るなら、オススメは刺身。調理をすると、栄養素が油と一緒に流れ出てしまうのだそうです。また、DHAは体内に入ると酸化するため、十分な健康効果を発揮するとこができないのだそうですよ。そこでオススメなのが、ゴマに含まれる「セサミン」、大豆やカボチャなどに含まれる「ビタミンE」など、抗酸化成分と一緒に食べるということ。九州の郷土料理「ゴマサバ」。それから、居酒屋などのメニューにある「マグロ納豆」は理にかなった食べ方だったんですね!!