お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

そのムズムズ、秋の花粉? 実はもうスギ花粉!?

森本毅郎 スタンバイ!

森本毅郎・スタンバイ!ロゴ

 

きょうは秋の花粉症の話。東京都内の電車や街なかを見ていると、このところマスク姿の方が目立つ。それは、カゼやその予防という方に以外に、花粉症の方が多いのではないかと思ったのです。私の周りにも、今年の秋は鼻水が止まらないという人、目がかゆいという人・・・結構いるんです。実は私自身もそうなんです!!!そこで・・・。

「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまる「現場にアタック」!!今日11月22日(火)は、レポーター近堂かおりが『そのムズムズ、秋の花粉?』をテーマに取材しました!

現場にアタック(近堂かおり)

現場にアタックレポーターの近堂かおり

★みなさん、目や鼻、大丈夫ですか?

マスク姿の方を中心にお聞きしてみました。みなさんは目や鼻、大丈夫ですか?

30代男性
僕は春は結構しんどいんですけど、でもよくなったような気がしないでもないですけど、でも、まだ気にしなければ、まだかゆいですけど何とかなるかなと。
70代女性
花粉症なんだけれども、今年は秋も、朝起きたら大変でした。くしゃみと鼻水で。きょうは朝大丈夫だったけど、2、3日前はやっぱり鼻水が出ましたよ。
60代男性
花粉症なの? 何なのかなと思ってたの。すごいくしゃみが出て、カゼでもないんだけど。目もひどかった。でも目は分からないんだよな、目薬は年中さしてるから、パソコン見てるから。何だろうなと思ってたんだけど、そうなの?

予想と違って、マスクをしている方はカゼかその予防で、花粉症らしき人はいなかったのですが、マスクをしていない方の中に、秋の花粉症疑惑の方がいました。春の花粉症に加えて、『秋の花粉症もデビュー!?』と、半信半疑・戦々恐々の方、どうしても認めたくないという方、反応は様々でした・・・。秋の花粉というと”ブタクサ”や”ヨモギ”などですが、とはいえ、もう11月も下旬。『秋』というには結構ぎりぎり。こんな時期まで秋の花粉が飛んでいるのか?そこで専門家に伺いました。

★え~!!いまは・・・スギ!?

元・東邦大学薬学部教授で、現在、花粉情報協会の事務局長の佐橋紀男さんのお話です。

佐橋紀男さん
ブタクサの場合は8月下旬~9月上旬がピークなんです。ヨモギは9月中旬がピーク。だから10月にはもう花粉の数はそう多くはないんです。この1週間は秋の花粉は、ほとんど飛んでいません。実は、10月の上旬ぐらいから、春にたくさん飛ぶスギの花粉がちらほら見られます。それは来年の春にたくさん飛ぶような予測ができた場合は、その前の秋は割合、飛ぶケースが多いんです。

もうスギの花粉が飛んでいるの??(かなりショック!!)花粉情報協会の調べでは、ブタクサやヨモギの花粉は今はもう飛んでいなくて、春に飛ぶスギの花粉がもう観測されているという。東京都庁の健康安全研究センターでも、今の花粉の飛散状況をホームページで公開していて、そちらでもブタクサやヨモギはもう観測されていないかわりに、スギ花粉が千代田区や杉並区で観測されているのです。となると、いま、鼻や目がムズムズしている方は、ブタクサやヨモギが原因ではなく、スギ花粉の可能性が高い・・・ということに。つまり、もう実は、春の花粉症が始まっているということ。ではスギ花粉が今どれだけ飛んでいるかというと、最新のデータでは、1㎠(平方センチ)あたり1.2個とか1.8個。そのぐらいで目や鼻がこんなにかゆいのでしょうか?

★1㎠に2個=1㎡に2万個

そこで、今、スギ花粉症の相談や診療の患者が来ているという都内の病院に伺ってみました。千代田区にある西端耳鼻咽喉科の西端慎一さんのお話。

西端慎一さん
もちろんブタクサの花粉症の方もいらっしゃいますけども、ここ10年ぐらいは、今のように暖かい日は、検査をしてスギにしか反応しない方で、アレルギーが出る方が結構いらっしゃるので、少量飛んでくるスギ花粉に反応して、敏感な方は症状が出るんじゃないかと思います。1㎠に2個といったデータが出ていると思うんですが、1㎠に2個というのは少ないように思われるかもしれませんが、1m四方に換算すると2万個なんですよね。その降っている時間帯にいたら結構な量を吸い込む可能性はありますよね。

西端さんによると、今年の春はスギ花粉の量が極端に多くはなかったが、花粉が飛んだ日数が多かったので、花粉症患者は長期間にわたってダメージを受けたことになり、その名残りがあって、今の時期に反応が出ている可能性があるそう。きのう街でお話を伺ってみると、ご自分は花粉症ではないと思いたいという方が結構多かったが、あまり抵抗をせずに、一度、早めに病院でみてもらったほうがよさそうです。さきほどの西端さんからアドバイスをお聞きください。

★いまからマスク!!

西端慎一さん
早めに治療したほうがいいです。こじらせてしまうと、アレルギーというのは結構いろいろな薬を使わないと抑えられなくなるので。初期に飲めばぴたっと治まるような薬が今はいっぱいあります。この時期に花粉を吸うというのはあまりよくないんです。全く吸わずにいるとどんどん過敏性は落ちていくんですけど、この時期に花粉を吸ってしまうとまた戻ってしまうので、来年がまた大変だと思うんですね。

スギ花粉が秋もうっすら始まっているとなると、秋と春の2シーズンということになる。春の本格的なスギ花粉のシーズンに備えるために、秋も暖かい日はマスクをして、花粉を体内に入れないようにということでした。
今年の秋は、急に寒くなったり急に暑くなったりで、スギの花粉にも影響したのでしょうか。
花粉のない休息の時間を確保して、蓄積を減らして、本格シーズンに備えましょう!

近堂かおりの現場にアタック(リンクは放送後1週間のみ有効です)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20161122073441

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)