お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

パンプスのサイズ選び、多くの人が間違っている。試着時キツイくらいのモノを。

ジェーン・スー 生活は踊る

靴、とりわけパンプスを選ぶ時に多くの人が自分の本当のサイズより大きいものを選んでいるとか。それはなぜなのか、どうすれば本当のサイズを測れるのか。靴のコンサルタント西村泰紀さんに聞きました。

生活は踊る161105

なぜ大きいサイズを選んでしまうの?

●スニーカーのサイズをそのままパンプスにもあてはめてしまう

スニーカーは紐で太さが調節できますが、パンプスやハイヒールはそれが出来ません。だいたいの人が履いた時にきつくないスニーカーのサイズをパンプスでも選んでしまうため、幅が広いものを選びがちなんです。

●日本人は幅が広く、甲高だという先入観

昔から言われる「日本人は幅広甲高」。実はこれ、もう昔の話。食生活の変化、昔より歩かなくなった、畳からフローリングになったことによって、日本人は幅広甲高ではなくなりました。なのに、先入観があってつい幅が広いものを選んでしまう人が多いんです。

まずは足の横幅を知ろう!

パンプスを履いて、靴と足の周りにすき間が見えたら、それは大きい靴と考えて間違いありません。また、甲の上と靴の間に指を入れて一本でも入ったら、その靴も大きすぎです。指がかかるくらいが適切な太さ。もうひとつ簡単な調べ方は、パンプスを履いてのつま先立ち。その状態でかかとが脱げていたら、その靴も大きすぎです。

足を組んで空中で足を測ろう!

親指の付け根の出っ張ったところと、小指の付け根の出っ張ったところぐるっと巻いて長さを測ります。通常、地面に足をつけた状態で測りますが、それだとどうしても足の肉が広がってしまいます。結果、地面についてる時はジャストサイズでも、足を浮かせた瞬間に足が細くなり、オーバーサイズになってしまうんです。

スーさん、EEEの太さの靴を履いてましたが、本当はCがちょうどいいということで、実際にその大きさの靴を履いてみました。
生活は踊る161105
スーさん、初めはきつくて、「正直、試着の時これだったら買わない」と思ったそうです。しかし、5分もたつと慣れてきました。西村さんいわく、自分に合ったサイズのものを履けば、いつも痛いところが痛くなくなるそうですよ!