お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


嶌信彦の取材手帳。アカデミー賞から見る、ハリウッドと政治史(日本全国8時です)

森本毅郎 スタンバイ!

森本毅郎・スタンバイ!ロゴ

忙しい朝でもニュースがわかる「森本毅郎・スタンバイ!」
(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)
8時からは、話題のアンテナ「日本全国8時です」
全国ネットで、日替わりゲストとともに放送。
思わず耳をそばだてたくなるようなコラムをお届けします。

毎週火曜日は、嶌信彦さんの取材手帳!

日本全国8時です(嶌信彦)

今日3月8日(水)は「アカデミー賞から見る、ハリウッドと政治史」

今年のアカデミー賞では、ディカプリオだけではない、もう一つの話題

今年のアカデミー賞はこれまで何度もウワサされながら受賞を逃してきたレオナルド・ディカプリオに決まったが・・・もうひとつ話題とされたのが2年続けて有色人種が受賞候補から外されたこと。司会の黒人クリス・ロック(コメディアン)はオープニングで「私は、白人によって選ばれた賞の会場にいます」と皮肉った。戦後のアカデミー賞と国際政治、アメリカ社会の関係を独断と偏見で見ると、「芸術性」という観点以外にアメリカの「政治的主張」、「敵を明らかにする」という傾向がみられる。そこで、アカデミー賞を振り返りつつ、アメリカの映画と政治の微妙な関係をみる。

1950年代の「マッカーシー、赤狩りの恐怖」を描いた作品は・・・

2005年公開の【グッドナイト・グッドラック】
監督・主演は「ジョージ・クルーニー」2006年のアカデミー賞では作品賞・監督賞・・・など。6つの部門でノミネートされるも、惜しくも授賞にはならなかったが話題になった。マッカーシーとは、アメリカの50年代の上院議員。冷戦さなかの1950年代はじめのアメリカで、「マッカーシズム」(別名=赤狩り)といわれる共産党活動、あるいはその同調者を追及する運動を展開した政治家。この人物を描いたもので・・・当時、民主党政権は、積極的に共産主義の弾圧に動き、連邦公務員212人を解雇、2000人以上の辞職者を出した。そして、共産党員のローゼンバーグ夫妻をソ連のスパイとして告発。
真相究明されないまま、夫婦は死刑となった。この風潮の中で、出てきたのが「マッカーシー」による
国務省内部の共産主義者を告発するという動きだった。

グッドナイト&グッドラック 通常版 [DVD]

日米摩擦が激しくなると日本を茶化した作品は・・・

1986年公開の【ガン・ホー】
『ビューティフル・マインド』でアカデミー監督賞を受賞したロン・ハワードが1986年に当時バブル期だった日本を取り上げ、文化・経済面での「日米摩擦」をテーマに製作した喜劇映画。日本人は黒ブチメガネ、出っ歯、低い身長などの表現が多くみられた。

ガン・ホー [DVD]

政治色が決定的となったアカデミー賞といえば・・・

冷戦終結後は9・11以降、イスラム教徒を悪者にした映画が増えるが、キリスト、イスラムの宗教戦争になることが懸念され、その後は「イスラム教」とはいわず「テロリスト」として扱った。そんな政治や敵をつくる映画が生まれる中で、一方で、黒人がアカデミー賞で活躍をするシーンも出てきた。例えば、ポワチエは黒人俳優としては初めて「野のユリ」(1963年公開)でアカデミー賞主演男優賞を授賞、黒人女優としては2001年にハルベリーが「チョコレート」で主演女優賞。そうした中で、アカデミー賞と政治色が決定的に印象付けられたのは・・2013年のアカデミー賞。サプライズとして登場したのは「オバマ夫人」が、作品賞として「アルゴ」(2012年公開)を発表。アルゴはイランアメリカ大使館人質事件のCIAが題材。オバマ夫人を登場させることで差別を払拭しようとしたのかもしれないが・・・とにかくアカデミー賞の基本的性格はアメリカの宣伝が強いということ。アメリカ白人エリートの映画祭典の色が強く、近年少しづつ変わってきたが今年の大統領選のトランプ氏の登場でまた先祖返りする可能性も…

野のユリ [DVD] チョコレート [DVD] アルゴ<エクステンデッド・バージョン> [Blu-ray]

 

TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」は月~金6:30-8:30で放送中。
AM954kHz、FM90.5MHz。パソコンやスマートフォンでは”radiko”でもお聞きいただけます。是非、お聞きください!