お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

スーツ1着目は黒ではなく、ネイビーかグレーにすべき理由とは

ジェーン・スー 生活は踊る

多くの方が1着目に買うスーツで、「黒」を選びます。「一番定番だし…」「冠婚葬祭で…」というのが大半の理由。でも、それは考え直したほうがいいらしい…。 成人の日に、1着目に買うべきスーツについて、パーソナルスタイリストの神山裕輔さんに伺いました。

生活は踊る170109

色はネイビーかグレーの2択!黒は避けたほうが無難

日本では当たり前に着られている黒のスーツ。店側が、「冠婚葬祭にも使えますよ」という売り文句でオススメする場合があり、多くの方がそれを鵜呑みにして買ってしまいます。また、一時期、著名なスタイリストの方が黒のスーツを押していたこともあり、日本ではビジネスシーンでも定番になったんだとか。しかし、黒は本来、「冠婚葬祭の時に着る特別な色」。「冠婚葬祭でも使える」ではないです。欧米のビジネスマンで、黒のスーツを日常使いする人は多くありません。さらに黒はほこりやフケが目立つため、清潔に着こなすのも実は難しい色。それに対し、ネイビーかグレーならキレイ目に着こなせて派手すぎず、失礼な感じもありません。
また、サイズも当然要注意。日本のビジネスマンはなぜか、年配の人になればなるほど、動きやすいという理由で、ちょっと大きいサイズを着たがる傾向があります。だらしなく見えるので、サイズは合ったものを選びましょう。

シャツは、白、薄いブルー、控えめなストライプ

合わせやすいのはこの3つ。薄いブルーには抵抗がある人もいるかもしれません。でも、白だとスーツとシャツが分離して見えてしまいますが、薄いブルーだと、その境目がぼんやりするため悪目立ちしません。
また、襟はワイドカラーか、セミワイドカラーのものを。襟はボタンダウン、レギュラーなど色々ありますが、ビジネスシーンにあうのはこの2つ。一見すると見分けがつきづらいので、店員さんに聞くか、表示をよく見て購入しましょう。

ネクタイは単一の色を!柄モノは後回し!

オススメはネイビーブラウン。ネイビーのスーツをオススメしましたが、ネクタイも一緒の色だと変じゃないか?と思われるかもしれませんが、これでいいんです。スーツにおいて色数は少ないほうがいい。ネイビーとネイビーを合わせても問題ないし、むしろスマートに見えます。初めての方は、ネクタイが唯一個性を出せるところ!と思って派手なものにしがちですが、実は結構、難しい。まずは色を統一するコーディネートを作ってみてください。

靴は3万5000円以上のものを長く履こう!

革靴販売の経験もある神山さん。経験則から、スーツに合う革靴を選ぶ場合、3万5000円を境に品質が大きく変わるそうです。作りが頑丈になり、皮の質も一気に上がるんだとか。よく「靴はいいもの」と言いますがまさにそれ。革靴はそこまで大きくトレンドが変わるものじゃないので、ちょっと頑張っていい靴を選ぶのが最終的にはお得。
では、革靴は何足持っておくといいのか?週5日間、履くという方は、3足があれば完璧(全てが3万5000円以上である必要はありません。高価なものはとりあえず1足あれば十分です)一般的に革靴から汗が抜けるのには2日間かかると言われます。なので、1回履いたら2日置くのがベスト。もちろん、若い方で3足持つのが難しければ2足でも大丈夫。1足をひたすら履くのだけはやめてください。。。

スーツにあう髪型は短髪!おでこを出すとさらに◎

若い人によく見られますが、長髪はあまりいい印象を与えません。スーツにあう髪型は短髪です。さらに、おでこを出すと清潔感がプラスされて◎。前髪を垂らしてる若者が多いんですが、それはプライベートだけにして、仕事の場面では、おでこを出して清潔感を出すよう心がけましょう。

オススメ紳士服チェーンは…スーツカンパニー!

洋服の青山系列。まず価格が安い。イタリア製の有名生地を使ったジャケットも2万5000円程度で手に入ります。次に「奇をてらったもの」が少ないこと。適度に流行を押さえつつ、ベーシックなものを多く扱っています。若い人には一見すると物足りなく映るかもしれませんが、ますはベーシックなものを、という意味でもオススメ。そして最大の理由はサイズ展開が多いこと。普通のチェーン店はS.M.L.LLになっていますが、身長が160センチでも痩せ型の人、標準、ふくよかな人でサイズが分かれてます。細かいサイズ展開がスーツカンパニーの最大の魅力