お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


プロ野球キャンプリポート~宮崎・巨人~緒方耕一「宮國の先発復帰に期待」

エキサイトベースボール&TBSラジオスポーツ

2月10日 プロ野球キャンプリポート

今日は宮崎の巨人を視察した
TBSラジオ エキサイトベースボール解説者
緒方耕一さんのキャンプリポートをお届け。
東京では雪もちらついたらしいが、
こちら宮崎も、とても冷え込んだ一日。
体感気温としては5℃以下。
とにかく取材をしていても、「寒い」という言葉が
自然と口から出てくるほど。

そんな寒い中なので、選手も怪我に注意しながら
慎重に練習を行っているように見えた。

もはや、「日本のエース」とも言える
菅野投手のピッチングを見たが、
本当に素晴らしい。

ブルペンでは滑りやすいといわれるWBC球を使って
投球を行っていたが、何の違和感も無く、
ボール1個どころか、半個分の出し入れを自由自在に操る
絶妙なコントロールでワンシーム、ツーシーム、スライダーなどを試していた。

過去のWBCでは、松坂投手、ダルビッシュ投手、岩隅投手など
スライダーを得意球とするピッチャーが大活躍していた。
菅野投手の、今大会での活躍も、期待大と言える。

主力の坂本、阿部も非常に順調な仕上がり具合が伺えた。

特に阿部は、達成が目前となった2000本安打に向けても
高いモチベーションで、特打に積極的に取り組んでいた。

現状の巨人の投手陣を見ると、

菅野、マイコラス、吉川、田口のローテーションは当確だろう。
5~6番手に誰が入ってくるのかが非常に楽しみだが、
ブルペンを見ている限り、宮國が素晴らしい投球をしていた。

首脳陣からは今年から先発に復帰すると聞いている。
今の調子を維持できれば、良い結果が出るのではないだろうか。
お父様の不幸を乗り越え、頑張って欲しいと思う。

それぞれトレードで、日本ハム、楽天から新加入してきた
石川柿澤も非常に良いバッティングで、アピールが出来ていた。
1軍に割って入ってくるようになると、
チーム内に良い競争が生まれると思う。

練習から早退したことがニュースとなった陽岱鋼だが
今日は、室内練習場でウエイトトレーニングに取り組んでいた。
まだまだ無理をする時期ではないし、気温が寒いこともあり
慎重になっているのではないだろうか。
大きな心配をするような状況ではないと思う。
きちんと結果を出すために、自覚をもって、
マイペースを貫いているように感じられる。


 

 

 

TBSラジオのプロ野球中継「エキサイトベースボール」
http://www.tbsradio.jp/eb/