お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

食器洗い洗浄機

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

 

きょう2月22日は、数字の「2」が3つ揃う事もあって、様々な記念日に制定されています。まずは、「ニャンニャンニャン」で猫の日。2を「ふ」と読む事で、「ふー、ふー、ふー」、「おでんの日」。そして「222」を「ふうふ・にっこり」と読ませて「食器洗い乾燥機」の日。「夫婦にっこり」でなぜ「食器洗い乾燥機の日」なのか。それは、食器洗い乾燥機によって食後にゆとりができて夫婦だんらんの時間ができるという理由から記念日に制定されたようです。

食器洗い機が誕生したのは、今から150年以上も前の1860年。アメリカの男性によって発明されました。しかし、この食器洗い機は木製で手動式。ハンドルを回転させる事で使用済みのお皿の上に水がかかる仕組みで、あまり実用的ではなかったようです。電動式の食器洗い機がアメリカで発売されたのは、今から108年前の1909年。そして、日本で最初に登場したのはアメリカから遅れる事、100年。1960年のことでした。普及したのは、東京オリンピックが行われた1964年頃で、外食産業を中心に使われたそうです。レストランは大量のお皿を洗うので、食器洗い機があると便利ですよね。

 

実は日本では、食器洗い乾燥機はそれほど普及していません。欧米での食器洗い機の普及率は高く、ノルウェーなどの北欧ではおよそ7割。一方、日本の家電メーカーの調べでは、2013年の時点で3割程度。なぜ日本で広まらないのでしょう。家事の応援サイト「マイカジ スタイル」によりますと、お皿の形に原因があるようです。欧米では平べったいお皿が一般的。しかし、日本は平べったいお皿に加えて、お茶碗や、お椀のようにお皿の形が様々。その為、手洗いにこだわる方がの方が多いようです。


 

 

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。