お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


プロ野球キャンプリポート~名護・日本ハム~フリーアナウンサー林正浩「チャンピオンチームの風格と進化」

エキサイトベースボール&TBSラジオスポーツ

2月16日 プロ野球キャンプリポート

今日はアリゾナの1次キャンプから、
沖縄の名護に移動し2次キャンプを張る、日本ハムの取材にあたった、
フリーアナウンサー林正浩さんのキャンプリポートを、お届けします!

先週は沖縄らしからぬ寒い天気が続くことも多かったが
今日は絶好のキャンプ日和!
気温も20℃を超え、南国らしい強い日差しが差す中
昨シーズン、シーズン大逆転からの日本一を達成した
日本ハムファイターズの名護キャンプに密着取材。

天気が良かったこともあるかもしれないが、
本当に沢山のファンも来場していて、
チャンピオンチームの人気・風格を感じられるキャンプだ。

やはり気になるのは、足首の故障から
WBC出場辞退となった、大谷選手。

練習風景をじっくりと見させてもらったが、
やはり、体を動かしているだけといった印象が強く、
強度の高いトレーニングはできていないように感じられた。
報道されているように、開幕に万全の状態で間に合わせるというのは
厳しいのではないだろうか。

しかし、その大谷選手の不調でチーム全体が沈むような
チームでないというのが、チャンピオンチームたる所以。

ブルペンでは、主力となるであろう
有原、増井、宮西、村田、高梨、公文などが
力の入った投球練習を行っていた。

特に有原は一回り二回り、スケールアップしたような
圧巻の投球で、昨シーズンの11勝を大きく上回ってくれそうな
期待感がある。15勝も狙えるのではないだろうか。

抑えへの復帰を志願した増井も
非常に良い状態で、首脳陣にしっかりとアピールしている。

開幕に向けて投手大谷の不在という不安点について
木田GM補佐に話を聞いてみると
先発に関しては、頭数はきちんと揃っていますよ」とのことで
チーム内での競争が激しい日本ハムらしい、
層の厚さを感じさせるコメントが返ってきた。

韓国・KIAとの練習試合では
セカンドへとコンバートされた近藤健介が気になった。

やはりバッティングの魅力は大きい。ゲームでもいい当たりを放っていたが
やはりまだ練習不足なのか、守備においてはフィールディングミスが目立った。

手首痛で調整遅れが心配される
中田翔は強い打球を打っていて、あまり心配はなさそうだ。

日本ハムは、中田を筆頭に、レアードやメンドーサなど
外国人組にも、WBCで代表に選出されている選手が多く、
そのあたりに若干の心配はあるが、
それを補って余りある、チャンピオンチームの風格が随所に感じられた。
昨シーズンの経験を経て、さらに進化していこうとする
貪欲な選手たちの姿勢は、頼もしく、本当にシーズンが楽しみだ。


 

TBSラジオのプロ野球中継「エキサイトベースボール」
http://www.tbsradio.jp/eb/