お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

iPS細胞でMASACA! ゲスト:山中伸弥さん(part1)

コシノジュンコ MASACA

2017年2月26日(日)放送

ゲスト:山中伸弥さん(part1)

masaca_20170226_3

山中伸弥さん
1962年大阪生まれ、神戸大学医学部卒業後、整形外科医を経て研究の道へ。
奈良先端科学技術大学院大学 遺伝子教育研究センター教授
京都大学再生医科学研究所教授 などを歴任し、
2010年、京都大学iPS細胞研究所所長就任。
2012年、文化勲章、ノーベル生理学・医学賞受賞。

JK:山中教授とは、NYの国連大使公邸で奥様と。それから去年ですよね、ある企業の100周年ということで。あのときね、私たちドクターコートと言っているんですけど、白衣をお渡しして。
山中:そうなんです。
JK:だけど、ドクターコートって言わなくて、ラボコートって言うんですか?
山中:着る目的によってですね。臨床医のときはドクターコートですし、今はラボコートって呼んだり。この間ジュンコさんに頂いた白衣が格好良くて。だいたい白衣って、あんまりファッション性・・・特に僕らが若いときは、ほとんど無かったんです。この間頂いたのは、このままテレビ出られるんじゃないかって・・・
出水:どんなものをデザインされたんですか?
JK:今日はお持ちじゃないですよね。
山中:あ、いや、持って来ています。
JK:じゃあ、着ていただいてもいいですか?雰囲気が。今日は教授の講義を受けるような環境になってしまって。

山中:白衣も頂いたんですが、最初にお会いした時に、ネクタイを頂きまして。これがまた格好いい、細めの水玉模様のネクタイで。あれは、毎月アメリカへ行くんですが、向こうで着用しているんですが、ウチのアメリカの研究所のトップがオシャレな方で、そのネクタイだけ褒めてくれるんです。
JK:(笑)そんな・・本当ですか?
出水:(笑)
山中:他は服とかのことで褒めてくれたこと無いんですよ。
JK:教授がね、講演会のときにネクタイのお話をされていたから、私もいいのかなと思いながら。
masaca_20170226_1
出水:あ、スタジオに、ラボコートが登場しました。スタジオ内で生着替えをしていただいております(笑)
山中:ちょっと格好いいでしょ。
出水:ほんとだ、ボディラインに沿うように、体のラインが綺麗に出るように、圭さんされているんですね。
JK:それでファスナーが胸元についていて。それでここに紺色の、ちょっとあるでしょ。
出水:胸元に、ステッチがあるんですね。
JK:やっぱりね、勲章をもらった方とかね、フランスなんかは赤でチョンだけど、これはノーベル賞の
山中:もう、ウチの研究所でも採用したいくらいなんですが、やはり国立大学ですから、価格も大切ですので。
JK:その辺はご相談で(笑)
masaca_20170226_2

注:収録時に山中教授が着用した白衣(ラボコート)はiPS細胞研究所オリジナルのものとは異なります。

=オンエア楽曲=
M1. Keep On Running / The Spencer Davis Group