お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ラーメン二郎は女性ひとりでも大丈夫!TBSアナウンサー小倉弘子が潜入取材

ジェーン・スー 生活は踊る

大盛り野菜に太い麺、「野菜マシマシ脂多め」といった感じの特殊な注文、食べきれるか不安…そんなややハードル高めのイメージもある人気ラーメン店「ラーメン二郎」。食べてみたいけど、慣れてない人はぶっちゃけ入りづらい!?

今回はそんなアナタの代わりに、42歳2児の母・TBS小倉弘子アナウンサーがたった一人でお店に行くという体験ルポ。

行ってきたのは、二郎好きにとって聖地とまで言われる三田本店!猛者達が集まる場所へ勇気を振り絞り調査してまいりました!

「食券購入」
並んでいるのかと思いきや…平日の14時頃に行ったこともあってか、行列はナシ。食券は、
・ラーメン   ・ぶたラーメン    ・ぶたダブルラーメン→ラーメンの量は普通
・大ラーメン ・ぶた入り大ラーメン ・ぶたダブル大ラーメン→ラーメン大盛り
ラーメンの量は2段階、チャーシューの量はそれぞれ3段階で増やせます。

ポイント
「ラーメン」でも量が多いので、そこから「少なめ」「半分」など麺の量が調整できます。小倉さんは「ラーメン」の「半分」をチョイス。(成人男性でも、「ラーメン」では量が多く、「少なめ」がちょうどいいサイズ)
→並んでいる途中、店員さんから食券について聴かれるので、その際に麺の量を言います。(ここで、トッピングを言ってしまうのはNG!お店は作業効率を良くするため麺を数人分まとめて先に茹でているので、麺の量のみでOK)

「トッピングの注文」
店内はカウンター席のみ。13席程の店内で席に着いたらおとなしく待ちましょう。
ここで例の呪文を唱え、「野菜・にんにく・あぶら・辛め」のトッピングをどうするか答えます。
●野菜(ゆでたキャベツ・もやし)を増やす場合は、呪文「野菜マシ、マシマシ」を唱えます。
●にんにくをトッピングする場合は、「にんにく」
●あぶらは、背脂のかたまり「あぶら」
●からめは、カネシ醤油(味を濃くしたい場合に入れる)「からめ」と唱えるそうです。

小倉さんは・・・
「にんにく」をチョイス。
また、写真撮影の許可をお願いしたところ、「どーぞー!」と明るく優しく対応してくださいました!

「ラーメン 麺半分 にんにく」

「ラーメン 麺半分 にんにく」

「完食!!」
美味しかったけど、チャーシューが中々のボリューム。次回行く時は、麺は1/3でもいいかも。でも、ニンニクは入れて正解!
モヤシとキャベツをスープに絡めながら無心で食べ進めて、チャーシューに当たった時は衝撃。1センチ以上の厚みに、手のひらサイズが2枚!とんでもないものが埋まっていた!半分くらいチャーシューだけ味わって、その辺りから攻め方を変更。
野菜&チャーシュー→麺→野菜&チャーシュー→麺というように、意識的に少しずつチャーシューを散りばめるように味わいました!

ポイント
食べ終わったら、どんぶりをカウンターに置き、ふきんで自分の机を拭いて外へ。
食後は「ブレスケア」や「リステリン的なもの」「ガム」などで、お口のケアをしてもいいかも。また、黒ウーロン茶・ウエットテッシュは、必須です。ちなみに、黒ウーロン茶はお店の外の自動販売機で購入・持ち込みもできます。

実際に行ってみると、注文も、よく聞いていると、呪文の人もいれば、文章の人もいて、様々。
緊張しましたが、女性一人でも美味しく味わえました!

小倉さんラーメン二郎②