お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

デザートビネガー

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

お酢といえば、料理に使う調味料・・・そんなイメージがあるとおもいますが、
おいしく頂ける、おしゃれなお酢、【デザート・ビネガー】というものがあります。
ブルーベリー、レモン、ゆず、りんご、イチゴ、ざくろ、など、さまざまな種類があるんです。

このデザート・ビネガーを考えたのは、お酢のソムリエ【酢ムリエ】の内堀光康さん。
内堀さんは、日本ではじめての、お酢の専門店「オークスハート」を、2003年にオープンさせました。
しかし、お客さまから聞いたのが、こんな声・・・
「お酢はからだにいいから、酸っぱいけど、がまんして飲んでます」
そこで、飲みやすくて、気軽に楽しめるお酢をつくろうと考えたそうです。

デザート・ビネガーは、あとから香りをプラスするのではなく、果物などの果汁を、発酵させてつくっています。
こうしてつくることで、やわらかな酸味のお酢ができあがるそうです。

このデザート・ビネガー、冷たい水で割る、炭酸水で割る。または、牛乳や豆乳などで薄めて飲んでもいいそうです。
それから、フルーツソースのように、アイスクリームにかけてもおいしいそうですよ。
お酢は、疲労回復に効果があるといいますから、仕事や勉強の合間のブレイクタイムに、
デザート・ビネガーを飲むというのはいいかもしれませんね。
     
酢ムリエ・内堀光康さんおすすめは、もうすぐ春・・・ということで「飲む桜の酢」。
朝、満開に咲いた桜の花びらを摘み、それを純米酢に漬け込んで、デザート・ビネガーに仕上げているそうです。
酢は、糖分がないと作ることができないのですが、桜の花には、糖分がありません。
そこで、いろいろな果実酢に桜の花を漬け込んでみたそうですが、フルーツの酢の香りは、桜の香りを弱めてしまうことがほとんど。
国産米の純米酢に漬け込んでみたところ、ようやく、桜の香りを引き出すことに成功したそうです。
牛乳で割ると、まるで桜餅を飲んでいるような味わいになるそうです。
桜の季節はもう少し先ですが、一足先に、春の気分が味わえそうですね。
     
TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。