お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「ポスト・トゥルースのその先へ」Part8(外伝2)【音声配信】TBSラジオ「文化系トークラジオLife」

文化系トークラジオ Life ニュース版
撮影:ササキミチヨさん

撮影:ササキミチヨさん

「ポスト・トゥルースのその先へ」part8_外伝2(31’10″)

○大きな物語を作るのは?
・元気になる物語を作るのはデータサイエンティスト。
 クリエイターたちにその元気がない(charlie)
・星野智幸さん曰く「共同体内部に母的な責任を押し付ける
 人を求めるのが問題。互いに母になる意識が大切」(倉本)
 →自分たちが物語の生み手だと自覚できれば良いのでは?
 →角田光代『坂の途中の家』
  裁判は真実の解明ではなく協議して決める(倉本)
 →みんなが作った物語で人が死ぬ(神里)
 →人の生死を決める物語の作者である自覚が足りない(c)
 →引き受けなければいけない物語が重くなってきてる(c)
・日本人は自然現象、特に地震に責任を求める(神里)
 →何かあったら滅んでしまうという意識が強い国(神里)
・日本ではポスト・トゥルースの責任を問わない風潮(c)
 →大人の仕事は誰の責任かわからないようにする努力(神里)
 →「俺が責任を取る!」っていう人が現れると弱い(c)
・水曜日のカンパネラの新アルバム『スーパーマン』は
  界を変えるアイディアを出した人々を挙げる
 →「閉塞感を打ち破るスーパーマンが必要だ」
 →何かを変えてくれる存在を熱望、台風と同列(c)

○地震大国の意識
・小さいころ阪神淡路大震災を見て、
 いつか死んじゃうかもなー、という感覚がある(塚越)
・社会を改善しようという意識は生き残ることが前提(c)
・人と一緒にやっていくことは相手に責任をもつこと(c)
 →家庭を作ることは保守的ではあるが
  長期的に見通せるキャリアを作ること(富永)
 →何かを一緒に目指す経験が大切(charlie)
 →無関係であっても良いはずのものにフレームを(富永)
・ラブ・アンド・ピースになってしまう。
 私の好きな人と世界平和の二つに限定されてしまう(c)
・カリスマの代わりに災害。災害を乗り越えるための共同体(神里)
 →地震が来るぞって言い続けることが大事?(c)
・米軍に攻撃されたゴジラが放射能を吐くシーンの
 「あ、あそこで人が死んでいる」と受け止められる感覚(c)
・ピーター=シンガーの『効果的利他主義の話』(速水)
 →功利主義的な利他主義が先端(速水)
 →働いて得たお金を寄付した方が救える人は増える(速水)
 →国内で良いことをするにはコストがかかるから国外へ(速水)
・フレーミングを地震にすれば範囲内にいる人すべて
 当事者、分断は起こらない(斎藤)
・「市場の倫理」と「統治の倫理」の対立。
  臨機応変に切り分ければよい(c)
・1%の人間も99%の人間も、ゴジラが放射能吐いたら
 死んでしまう、という意識(ch)
 →外に共同の敵を作るのはやばいけどね(速水)
 →だから地震(神里)
・統合には実際にはやり合わずにらみ合う状況が必要(c)
 →トランプは内外を区別する効果はあるが実効性ない(c)
・今年も欧米の情勢は動くが、これってあの時話したね
 という先取り的なことが起こるかも。それがLife(c)
・楽しかったですね(神里・富永)

               text by Life助手:舟橋瑞季

参考資料
星野智幸コレクションII サークル坂の途中の家日本政治思想史研究失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)SUPERMAN (CD版)日本震災史: 復旧から復興への歩み (ちくま新書)あなたが世界のためにできる たったひとつのこと 〈効果的な利他主義〉のすすめアメリカを変えたM世代――SNS・YouTube・政治再編愛と幻想のファシズム(上) (講談社文庫)

===
TBSラジオ「文化系トークラジオLife」
偶数月・第4日曜日25時〜生放送!
AM954/FM90.5
ラジコ、ツイキャス、Ustreamでも生配信