お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

10分間の運動で記憶力が向上するって本当!?

森本毅郎 スタンバイ!

★10分の運動で記憶力がアップ!?

先日、「ある簡単なことをするだけで記憶力が上がることが証明された」という論文を大学の先生達が出しました。どういうことなのか?2月27日のTBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30-8:30放送)の「現場にアタック」で取材報告しました。まずは、筑波大学・運動生科学 征矢英昭さんのお話です。

征矢英昭さん
「10分間の運動(誰でも出来る様な軽いジョギング)で、心拍数が110~130拍の運動をやってもらい、学習記憶にとって不可欠な機能を担っている海馬について見た。そのときに海馬の中で歯状回という、物事を認識する「似て非なるものを区別して正確に情報を得る」という機能が本当に運動で高まるかどうか検証した。その結果、見事に機能が高まったということがわかった。」

脳の研究

聞いたことがある方もいると思いますが、脳の海馬という部分は記憶を司っています。今回は、運動したときに、その海馬にどんな影響があるのかを調べたんです。すると、軽い運動を10分するだけで記憶力が上がったという研究結果が出ました。今迄はラットなどを使った動物実験で確認されていたそうなんですが、世界で初めてヒトでその実験に成功したということなんです。

★スッキリした=脳の機能が高まっている!?

そこで、実際に今回の実験に参加した女性にお話を伺いました。

実験に参加した20代女性
「実験内容は、写真を見て判別するもの。1回目が10分間椅子に座って安静にした後に、野菜とかぬいぐるみとかの写真を192枚見た。そのあと実験に関係ないDVDを観て、その後に256枚の写真を見て、さっき見た写真と同じ写真なのか、似ているけど違う写真なのか、まったく違う写真なのかの3択で答えた。2回目は写真の内容は同じで、椅子に座って安静にしていたところを10分間自転車のペダルをこいで運動して同じ事を行った。結果は運動した方が写真の判別の成績が良かったそう。実感はなかったけれど、運動していた方がスッキリ解けたという部分があったのかもしれない。」

脳すっきり

実験の内容は話していた通りで、要は写真を見てから時間を空けてもう一度写真を見て、その写真がさっき見たものなのか、似ているけど違うのか、まったく違うのかの3択で答えるというもの。この方の実験結果では、運動後の方が正答率が上がっていたそうなんです。また、全体的な結果では、運動したほうが、似ているけれど違う写真だ!と判断できる確率が上がっていました。つまり、難しい問題ほど正答率が特に上がっていたということなんです。

ただ、被験者の女性はスッキリしたということなんですが、運動してもしなくても回答するときに「違いはあまり感じなかった。」と話していたました。では、“スッキリ”と今回の記憶力や認識力などは関係あるのか?再び征矢先生のお話です。

征矢英昭さん
「スッキリしたというのは自分の感覚だが、そのときに気分が変化している。気分は脳から生まれるもの。脳の機能が高まることによって、スッキリ感が出てくる。私たちは気分を評価しようということで、気分を定量化している。ちょっとした運動でも気分が前向きになることがわかっているし、後は仕事の作業効率が上がる。前頭葉が活性化して注意や判断力が高まると作業がはかどる。そんなこともあって、皇居の周りを走っている人が増えているかもしれないし、その中にビジネスマンも増えているのかもしれない。」

記憶との関係は詳しくは分かっていないそうなんですが、少なくともスッキリすることで脳の機能が高まるそうなんです。

★「運動が仕事に役立っている?」皇居で走る人たちの声

今回の研究では、軽い運動で認識力が上がることがわかりましたが、「効率よく仕事をするために、皇居で走るビジネスマンが増えているのではないか?」ということだったので、皇居の周りで運動している人にお話を伺いました。

●「記憶力はどうか分からないが、気分は良くなる。運動始めて自信につながるというか、人と接する仕事なのでうまく対応出来たということはある。」
●「走ってから会社行くとすごくスッキリするというか、気持ちよく始められる気がする。」
●「自分は自転車に乗っているので、10分くらいやれば仕事がはかどる気がする。自分がスキルアップしていると感じるようになる。」
●「今日はプレミアムフライデーで会社を早く退社できたので走っていた。スッキリする。仕事の悩みとか良く考えるが、走りながらだと答えがピッと思いつく。走り終わった後、行動に移すという形。頭の中を整理するのに役立ってると思う。」

皆さん、運動してスッキリすることで、「何となくではあるものの仕事に役立っている気がする」という声が多かったです。

運動

皇居周りは運動する人でいっぱい!

★誰でも出来る軽い運動こそ、脳に効果あり!?

今回、ジョギングなどの運動が記憶力アップになるということを発表した征矢先生ですが、さらに軽い運動でも効果があるという研究もされているということなんです。

征矢英昭さん
「現時点では強い強度のほうが効果あるという考え方が広がっている。今回私たちがやってきたのはそれを覆すもので、軽いほどいいということ。特に海馬とか前頭前野でもそうだが、人間でも動物でも非常に軽い運動で活性化されて効果があることを見出した。だからこそ、高齢者でもできるヨガとか太極拳とか激しくない運動を10分やることで頭がスッキリして元気になる。今回の実験をどんどん軽い運動に落とし込んで脳を活性化して、集中力を高めたり記憶力を上げることに繋がるという効果が運動にあることを証明したい。」

高齢者でもできるヨガとか太極拳、ジョギングよりさらに軽い運動でも脳に影響があることを証明して、軽い運動の可能性についてもっと研究が進むきっかけを作りたいということでした。どんな効果があるのか、今後の研究に期待したいですね。

阿部真澄

取材・リポートは阿部真澄でした