お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ふせんを好きなサイズにカスタマイズできる「CHIGIRU」がすごい

ジェーン・スー 生活は踊る

今や学校やオフィス、日常生活で欠かすことのできないふせん。今回は、ふせん評論家の舘神龍彦さんに、オススメのふせんと賢い使い方を伺いました。

時間管理に活用出来る「アーティミス」の「ドケットウォッチ」
生活は踊る20170228腕時計型のふせんで、文字盤に予定の時刻を書き込み、ベルトごと腕に装着。
絶対忘れてはいけない予定がある時など、ちょくちょく見ることで否が応でも緊張感を持つことができます。時計板のところを取り外して、手帳などに貼ることもできます(税抜660円)

コミュニケーションツールにも使える「ミドリ」の「ひみつ付せん」
生活は踊る20170228最近はふせんとしてのアイディアはもちろん、コミュケーションという点においてもアイディアが詰まった、ハートフルなふせんがたくさん登場しています。
この「ひみつ付せん」は、書いた本人と受け取る人以外、中身を見ることができない、ある意味“最もセキュリティが高い”ふせん。メッセージを書いた後に折りたたんでスリットに入れ込めば、メッセージを隠すことができます(税抜340円)

「サンスター文具」の「Piri-it!」
生活は踊る20170228確認が必要な書類などに貼って使用します。
ふせんには「LOOK!」と印刷され、2つの「O」の間には切れ目が入っており、書類をチェックした人は切れ目を切り離すと、ふせんの文字は「OK!」となります(税抜380円)。

手帳に使えるふせん「CHIGIRU」
生活は踊る20170228その名の通りちぎって使うことができ、5mm単位に千切って使うことが可能で、手帳の見出しなどに便利。全面糊付けされているので、鉛筆か油性ボールペンで書くのがオススメです(税抜480円)

ちなみに、ふせんは、アイディアを考えているときやまとめているときにも使えるんです。
大小2種類のふせんを用意して、
①小さなふせんにアイディアを書き出していく
②似たアイディアを大きなふせんに貼っていき、共通のテーマを大きなふせんに書き込む
③複数のテーマの関係性が見えたら、大きなふせんの配置を変えていく
こうやって、アイディアをグルーピングすることで、考えがまとまりやすくなります。
生活は踊る20170228
ふせんにふせんを重ねる“ダブルふせん戦法”でアイディアを広げましょう!

舘神さんにご紹介頂いたふせんや活用術は、舘神さんのご著書「ふせんの技100」に詳しく書いてありますので、気になった方は、ぜひ!ご参考にしてください。

20170228生活は踊る