お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

田村あゆちさんに聞く!イマドキの中学受験事情!

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月~金曜日の5時45分頃からは、日替わりでお送りする「情報アラカルト うるおい生活講座」。今朝は、キャスターの田村あゆちさんに、「中学受験」について伺いました。

親は伴走者たれ!

小学校受験は両親の果たす役割が大きく、保護者面接が合否に大きく影響するとも言われます。一方、高校、大学受験となれば、精神的にも成長した状態で受験できます。ところが、中学受験は、弱冠12歳で本人の学力、精神力が試されるため、精神的なサポートが大事。塾では「母親は女優になれ」と言われるのだとか。一喜一憂しない、顔に出さない。確かに、大事なことですね。

 

塾選びに迷ったらまず入塾体験がオススメ

田村あゆちさん曰く「受験問題は、学校の勉強とは別物!」小学校の勉強だけでは、とても対応できないとのこと。 塾選びのポイントは・・・

  • 合格実績、自宅からの近さ
  • 共働きの場合は、お弁当を持たせる日が少ない塾を選ぶと、親の関与が少なくて済む。
  • 各塾のカラー(ハチマキを巻いて夏期合宿を行う体育会系や成績順でクラス分け、クラスの中でも座席の順番が変わり競わせて伸ばすタイプ合う)があり、合わないがあるので、いくつか入塾体験をしてみる。

親のサポートが重要な中学受験。さまざまな意見を参考にして、塾選びや学校選びをしてみましょう!