お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「睡眠90分サイクル」はウソだった!

ジェーン・スー 生活は踊る

小さいころから「夜10時~2時は寝ないと大きくなれない」「眠れないなら羊の数を数えよう」などと親から教えられてきた方も多いのではないでしょうか。そういった睡眠にまつわる知識が実は間違っている!なんて可能性も。今回はNPO「睡眠文化研究会」の事務局長で睡眠改善インストラクターの鍛治恵さんに「睡眠にまつわる都市伝説のウソ、ホント」を伺いました。
20170303seikatsu

『睡眠は90分サイクルなので、目覚まし時計は90分ごとにセットするのがいい』……は、ウソ!」

▼睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の二種類があります。「レム睡眠」は脳活動が活発で体は休み、多彩な夢を見る。「ノンレム睡眠」は脳活動は休み、体は少しだけ活動。睡眠直後の状態です。つまり「レム睡眠」「ノンレム睡眠」と、睡眠の「深い」「浅い」は違うものなんです。「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」は交互におとずれて「レム睡眠」の状態のほうが目覚めやすく、あくまで、そのサイクルが「平均」90分ということで、本来は80分から110分まで幅があり、時間帯によっても変動。さらに毎日変わります。なので90分の倍数に目覚ましをセットすることはあまり意味がありません。

「『眠れない時には羊を数えるといい』『寝る前にはホットミルクを飲むといい』……は、ウソ!」

▼「羊が1匹、羊が2匹」は元々12~13世紀頃、王様を寝させるために羊を数えていたというもので、単純作業をすることで頭の中のモヤモヤを消して眠りやすくした、というのが発祥と言われています。同じようなことを日本でやるなら「今日嬉しかったことを数える」ほうが有効。また「寝る前に日記を付ける」「ボクササイズ」「お風呂」などもオススメです。「安眠にはホットミルク」は心理的効果があるかもしれない、という程度で、飲んで眠くなるのはお酒か睡眠薬だけです。

「『理想の睡眠は8時間』……は、ウソ!」

▼適正な睡眠時間は個人差があります。さらに、その人の中でも年齢や環境によって適正睡眠時間は変化します。大切なのは自分の適正な睡眠時間を知ること。「起床時に眠気やだるさがないか」「午後2時前後“以外”で眠くなることはないか」「日中の活動に支障がないか」「いつでもどこでも寝られるという特技がないか?」などが自分の適切な睡眠時間を知るチェックポイントです。(いつでもどこでも寝られる人は、慢性的な睡眠不足の可能性あり!)。ちなみに、夜10時~2時は成長ホルモンが出やすいと言われていますが、成長ホルモンは時間帯ではなく、寝付いて最初の深いノンレム睡眠の時(寝付いた最初の3時間)に大量に分泌されます。ですので夜10時~2時というのは関係ありません!

睡眠についてもっと知りたい方は3月7日(火)の「トークショー『睡眠は踊る』」にぜひ、お越しください!鍛治恵さん、ジェーン・スーさん、中野信子さんが出演します!詳しくはこちらをご覧ください!

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。
AM954kHz、FM90.5MHz、PCやスマートフォンはradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー等進呈)
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)
■ Twitter:@so954905 (日々のお知らせ)
■ Instagram:so954905 (オンエアや取材裏フォト)
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)