お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

啓蟄

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

二十四節気のひとつ「啓蟄」。「立春を過ぎて暦の上では春ではありますが…」と、よく天気予報などで耳にする「暦の上では」というフレーズは「二十四節気」をもとにしています。「二十四節気」とは、昔の中国で考案された季節の分け方で1年を春、夏、秋、冬の4つに分け、さらにそれを6つに分けたもの。日本では江戸時代の半ばから一般的に使われるようになったそうです。

 

「春分」、「秋分」、「夏至」、「冬至」も、「二十四節気」。では5日の「啓蟄」とはどんな日でしょうか。「啓」という漢字には「ひらく」という意味があり、「蟄」という漢字には、「虫が冬ごもりする」という意味があります。    つまり「啓蟄」とは、土の中で冬ごもりしている「虫」が春の訪れを感じて穴から出てくる頃となります。ここで、気になるのは「冬ごもりしている虫」ですね。「虫」とは、広い意味では「生き物全般」を指します。おおむね、「魚、鳥以外の小さな生き物」のことで、特定の虫を指しているわけではないそうです。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。