お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「ポスト・トゥルースのその先へ」Part6【音声配信】TBSラジオ「文化系トークラジオLife」

文化系トークラジオ Life ニュース版
宮崎智之さん&速水健朗さん

宮崎智之さん&速水健朗さん 撮影:ササキミチヨ

「ポスト・トゥルースのその先へ」part6(24’03″)

○現状の打開策は
・「こっちでいいんじゃない?」に歯止めがかからない(charlie)
 →米大統領のように権限が集中していれば実際に
  社会が変わってしまう(c)
・エジプトの友達「春が来たけどすぐ冬がきた」(冨永)
・利他主義についてのメール、社会運動論では
「余裕ゆえに利他性が生まれる」という考えが強いので新鮮(冨永)
 →利他性を持つにも資格が必要(冨永)
 →貧困者支援に一般学生を連れていくと自己責任論に陥りがち(冨永)
・なぜ「保育園落ちた日本死ね」は成功したのか
 →情動を揺り動かしたのではなく、知識を問われなかったから(冨永)
・原発や安保など知識を求められる問題はどうすれば良いのか(冨永)
 →議会を賢くするしかない(神里)
 →代表制をちゃんとする(charlie)
・政治家の知識面を官僚がサポートしている(神里)
 →対立すべき行政の側に助けてもらっている議会(神里)
 →知識、データを持っているのは行政側(神里)
・知識のバランスが悪い。議員を知的にサポートする必要(神里)
 →イギリスのPOSTという組織が例(神里)
 →巨災対ですね!(c)
・議会にぶら下げればよい(神里)
 →御用学者ではなく、議会にお金をもらって動く人が必要(神里)
・今の仕組みは55年体制で生まれた。
 →決定権だけじゃなくて、情報が必要(charlie)
 →情報をオープンにして、情報を知識に変える必要がある(c)

○情報と知識
・情報は手に入る時代、自説を補強する情報はすぐ手に入る(c)
・『科学的実在論を擁護する』で説かれる暫定的な実在論(塚越)
 →科学なら。しかし再現性の低い社会科学で通用するか(斎藤)
・フランスの本『本を読む人』(倉本)
 →ジプシーに本を読み聞かせたら共同体が変わっていった(倉本)
 →読解力を身につけた子供に感化され、
  女性が体系化する力を身につける、家族が変わる(倉本)
・信用できる人にしか貸さないモデルを作っていくと
 女の人にしか貸さなくなるグラミン銀行(c)
 →男にはすでに体系がある。情報を体系化する枠組みの外にいる
 女性がサポート対象になりがち(c)
 →多様性から排除されている人々に与える知識の体系化が必要(c)
・専門的な知識に対してのアクセスの壁が厚すぎる(神里)
・知識を提供すること、提供の仕方、誰が言うのかが大事(c)
 →昔の人はそれを教養と呼んだ(神里)
 →情報を知識に変えられる人が少なすぎる(c)
・80年代の生協運動、排除されている女性の中でも
 高学歴な人が動かしていた(冨永)
 →今は集まった集団内での差異が気になる時代(c)
 →利他主義につながるのかも。
  担保するのは知識ではなくて宗教!?(c)

            text by Life助手:舟橋瑞季

参考リンク
●新しい政治を生み出すために、シノドス国際社会動向研究所をつくりたい!
CAMPFIRE(キャンプファイヤー) http://camp-fire.jp/projects/view/21892

参考資料
代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す (中公新書)来るべき民主主義 小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題 (幻冬舎新書)シン・ゴジラ Blu-ray2枚組「統治」を創造する 新しい公共/オープンガバメント/リーク社会科学的実在論を擁護する本を読むひと (Shinchosha CREST BOOKS)進化するグラミン銀行 ソーシャル・ビジネスの躍動 (さきがけブックレット)

===
TBSラジオ「文化系トークラジオLife」
偶数月・第4日曜日25時〜生放送!
AM954/FM90.5
ラジコ、ツイキャス、Ustreamでも生配信