お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

ダメなら辞めようと思っていた・・・。山中伸弥教授のMASACA!ゲスト:山中伸弥さん(part2)

コシノジュンコ MASACA

2017年3月5日(日)放送

ゲスト:山中伸弥さん(part2)
masaca_20170226_4
JK:この番組はMASACA!っていう番組で、先生の人生でMASACA!っていう経験、ひとつあげるとしたら何でしょう?
山中:これは、、、人生そのものがMASACA!っていうような人生ですから、いっぱいあるんですけれども、一番のMASACAは、2000年に初めて自分の研究室を持たさせていただいたんですね。その時が一番のMASACAで、その前の年に公募で、研究室のリーダーを奈良先端大というところが募集していて、その時も研究者としてはダメなので辞めようと思っていて、もう一度病院に戻ろうと覆っていた頃だったんですね。でも、父親の夢枕事件とかがあって、決心がつかないときに、研究室のリーダーの公募があって、それを観たときに、「これに応募しよう」と、、、。でも、今までの経験から、応募してもダメだから・・・
JK:そういうの、応募なんですか・・・
山中:はい。で、ダメだったら、それをきっかけに研究者を辞めよう、と思って、辞めるためのきっかけとして応募したんです。
JK/出水:へー・・・
山中:そしたら、ある時、電話がかかってきて、「山中先生、最終候補に残っています」と。で、さらには最終候補だけじゃなくて、本当に選ばれてしまって。それがMASACA。
JK:道が開けた!
山中:いや、辞めるためだったのに、辞められへんがな。と・・

masaca_20170226_5

JK:でも人間って、一回気持ちを捨てると、乗ってきますよね。
山中:そうですね、不思議ですね。
JK:やっぱり、運命というか、使命というか、それは絶対にもともとありますね、結果ね、振り返るとね。
山中:あると思います。僕、いま、アメリカの研究所の上司がインド出身の方で、彼とそういう話をよくしているんですよ。運命ってあるよねって。その二人でそういう話をしながら、研究所から一緒に駐車場に歩いていったんですよね。7階建てか8階建ての駐車場で、車がどこに停めてあるのかわからなくなるくらいなんですが、二人の車が横に並んで停まっていて、
JK/出水:(笑)
山中:ほら!
JK:運命ですね。MASACAが始まった。
山中:あそこで奈良(先端大)に雇ってもらったのも運命だったのかな、と。はい。

masaca_20170226_6

出水:研究室をもつと、何が違うんですか?
山中:それまでは大きな研究室の一員として、あまり自分のやりたいことはできないというか、研究室の方針もありますし、自分の下にも、いても一人か二人だったのが、自分がボスになると、自分の好きな事、逆にそれが大変なんですけど、しかも自分が研究代表者となって、色々な研究費も応募して。。。さらにラッキーだったのは、その後3年ほどして大きな研究費も頂けたんですね。それもMASACAでしたけれども・・・
出水:そうか、研究室をもつということは、その大学なり研究室が、あなたの研究を全面的にバックアップしますよという
山中:そうです。特に奈良先端大というのは、そういうバックアップ体制が整っていますので。そこで学生さんも、自分の学生さんがついてくれますから・・・

出水:このiPS細胞研究所としては、2030年までに4つの目標があるとお伺いしていますが、どんなことなんでしょう。
山中:そうですね、ひとつはiPSを使った再生医療。二つ目はiPSを使って薬を作る。3つ目はiPS細胞を使って、今は考えもつかない新しい研究を行う。4つ目はそういう3つの目標を達成するために、最高の研究環境を作る。という4つです。
JK:やっぱり環境が大切ですね。
山中:環境が大切ですね。そのために基金活動を頑張っています。マラソンも。

出水:2030年というのはなぜなんですか?
山中:最初は2010年にスタートして、2020年までの目標をたてていたんです。まず10年はしっかりやらせてくださいと。それが5年くらいたったら、だいたいできちゃったので。伸ばそうという事で、2030年まで。それが終わりじゃなくて2040年、50年、と頑張っていきたいんですけど。
JK:それで第二の山中先生のような方がでてくればいいですね。
山中:それが本当に大切で、
JK:継続していかないと。
山中:その通りです。研究というのは 40年、50年計画でやらないとダメですから。

masaca_20170305

注:収録時に山中教授が着用した白衣(ラボコート)はiPS細胞研究所オリジナルのものとは異なります。

=オンエア楽曲=
M1. Chariots Of Fire / Vangelis