お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

マインドコントロール 撤退解説!

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月~金曜日の5時45分頃からは、日替わりでお送りする「情報アラカルト うるおい生活講座」。今朝は、リンク総合法律事務所 所長 紀藤正樹弁護士に、マインドコントロールについて伺いました。

世間騒がせて止まない「マインドコントロール」とはどんなものか?
「マインドコントロール」にはかかりやすい傾向がある。
1、大学に進学した。
2、新入社員である。
3、最近、環境が変わった。
4、新しい事にチャレンジしたいという
5、なにか社会に役に立つことがしたい
6、素直な性格だと言われる。
7、完璧主義だと言われる
8、孤独を感じる時がある
9、健康に不安がある
10、マインドコントロールに、絶対かからないと思っている
マインドコントロールを利用した手口は・・・
悪徳商法の1つ、霊感商法の手口。
霊感商法の勧誘のルートは、4つ
1、訪問:戸別訪問してドアを開けてもらうことから始める。
2、街頭:路上で呼び止めた人をビルの一室などに連れて行って勧誘する「キャッチセールス」を含む
3、FF:ファミリー&フレンドの略。親戚、縁者、友人、知人などの人づてを使います。
4、広告:雑誌広告、新聞チラシ、ネット広告など、広告をきっかけに通信販売、電話勧誘が始まる。
※霊感商法で狙われるのは、圧倒的に女性。女性が被害にあってしまう“三種の神器”【化粧品】【エステ】【アクセサリー】の3つ「美しくなりたい」という欲求が逆手にとられている。
高齢者は、【ふとん】【浄水器】【電気治療器具】。「健康で長生きしたい」という欲求を逆手にとられている。
最近、目立って来た霊感商法は、30〜40代の女性を狙っている。
例えば・・・
雑誌広告を見て、90日間返金保証付きの開運ブレスレットを購入。

返金を業者に申し出ると、「顔写真」を送るよう言われる。

写真を送ると、【写真鑑定の結果、あなたには自殺する運気がある】と言われる。

その運気を向上させるために、祈祷サービス・霊石の契約をさせられる相談者の多くは、業者に電話をかける際に新たな勧誘をされるとは思っていない。
不意打ち的に、かつ不安をあおって勧誘されている。
勧誘を断ろうとすると、「以前断って車いす生活になった人がいる」と脅す。
など。
催眠商法、別名「SF商法」Shinseihin Fukyuukai。
ビルの空き室や、空き店舗などに、中年女性や高齢者などを集める。

閉鎖空間で、無料プレゼントを掲げ「ほしいですか?」「はい!!!」と大声で答えさせて渡す。これを繰り返すなどして、客の気分を高揚させる。

商品の機能について質問した客が、説明に感激して買う。つられて別の客も買う、この客全員がサクラ。客のふりをした販売側の人物。催眠術を使うわけではない。
●先に無料プレゼントをあれこれくれる(返報性)
●自分と同じような客が買った。(社会的証明)
●司会が芸達者で口上巧みなハンサム(好意)
●大学教授が著書で商品を推薦(権威)
●商品は30セットしか用意出来ていない(希少性)
心理テクニックのオンパレード!!!

詳しくは紀藤さんの本をごらんください。