お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「国有地払い下げ問題〜新事実を整理。浮かび上がる3つの疑問点とは」荻上チキ×安田浩一▽3月6日放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)

荻上チキ・Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

3月6日(月) Main Session 

次々に明らかになる新たな事実、
そして、浮かび上がる疑問点とは?

20170306_main1
20170306_main2

【スタジオゲスト】

ジャーナリストの安田浩一さん

大阪府・豊中市の国有地が、学校法人・森友学園に極端に安い価格で
払い下げられていた問題です。

国有地であるにもにもかかわらず、当初、売却額は非公表となっていましたが、
その後、9億円以上の評価額に対し、
1億3400万円で売却されていたことが判明。
付近の土地に比べ大幅に安く、その経緯も不透明だとして、
大きな問題となっています。

森友学園がこの土地に開校する予定の小学校の名誉校長には、
その教育方針を賞賛する安倍総理の妻、昭恵さんが就任していたことなども
あって、国会ではこの問題を野党が連日追及。

先週水曜日には、自民党の鴻池・元防災担当大臣が、
森友学園から陳情を受けていたことを暴露。
さらに鴻池事務所の「陳情報告書」の内容も明らかになり、
政治家の不当な働きかけがあったかどうかなども、焦点になっています。

連日のメディア報道や野党の追及などで、次々に明らかになる新たな事実。

今夜はこの問題をめぐって、これまでの情報を整理し、
従来の説明との矛盾など、さらに深まる疑問点を洗い出していきました。

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ。
===============================